1. マルチタスクで生産性を図る時のコツはリスクの少ない作業を同時進行で!

マルチタスクで生産性を図る時のコツはリスクの少ない作業を同時進行で!

by eflon
 マルチタスクを利用するとしても、なかなか導入した成果が出ないどころや作業効率がかえって落ちてしまって、はかどらないといったことがあるとの声をよく聞きます。そのような状況をできれば打破して、何とかマルチタスクをうまくできるようにしたいという方のために、今回はマルチタスクで生産性を上げるコツについてお話ししたいと思います。

1.できる限り負担の少ないもので行う

 マルチタスクで生産性を上げるコツとしてまず、考えられるのは、できる限りマルチタスクで行う作業は、負担の少ない仕事であるということです。マルチタスクは、そもそも人間には向いていないという研究結果があるほどマルチタスクというものは難しいものであり、多くのエネルギーを割かなくてはならないものには利用は困難であるといっていいのです。ですので、少しでもエネルギーを使いたいものには集中して取り組めるように、マルチタスクを行わなくてはならないものは、できる限りちょっとの負担で済むようなものであることが望ましいのです。ちょっとした片手間で済むような仕事や、気分転換にできるような仕事であるのなら、簡単に処理ができますから、こういったものをマルチタスクで行えるようにしておくと作業効率があがりそうですね。  

2.仕事の効率化もできる限り同時進行で行う

 マルチタスクで生産性を上げるコツとしては仕事の効率化も同時並行で行えるようにしておくことです。先ほども書いたことである、少ない負担のものだけをマルチタスクで利用するということの実現のためには、今現在簡単にできる作業を行うだけでなく、別の作業でも、ちょっと手間のかかる作業をより簡単にすることによって、マルチタスクの範囲をより大きくすることや、仕事の簡略化・迅速化を目指すためにも作業効率を上げることは重要なのです。 

 そうすることで、マルチタスクがより生かされるだけでなく、その他の作業も効率的になって、仕事全体が良くなりますから、マルチタスクをより生かしたいのであれば、いろいろな作業を効率的にこなしていくことを考えなくてはいけないのです。 

3.作業確認を怠らないようにする 

 マルチタスクで生産性を上げるコツとしては、出来上がった作業の効率がどうなっているのかを確認しなければならないということです。いくら、マルチタスクを導入しても実際にどれぐらいの成果を上げているのかということを確認できなければ導入した意味はありません。メモやToDoリストで確認をしながら作業がどれぐらい効率的にできたのかということを確認しつつ、改善点があれば先述したような作業効率を上げる方法を試しながら作業効率を上げていけるようにしておくことが望ましいです。


 確認と作業の効率化、作業の分担をしっかりと執り行って、マルチタスクの生産性を上げられるようにしておけるといいでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する