1. 仕事中の態度に要注意!上司から良い評価を受けるためにすべきこと

仕事中の態度に要注意!上司から良い評価を受けるためにすべきこと

by VinothChandar
 会社員にとって避けて通れないのが、評価を受けることです。評価によって、将来の収入も変わりますし、昇進も変わってきます。単純に仕事で実績を上げればいいだろうと思うかもしれませんが、実績は目に見えないものもあるのではないでしょうか。ここでは、仕事で良い評価を受けるための勤務態度のポイントを考えてみましょう。 

早めの出勤 

 いつも会社の始業時間ギリギリで到着という人も中にはいるでしょう。早めに出勤するだけでも、上司の評価は上がります。朝早くから出社して仕事の準備をしてみると、「あいつは朝早くから頑張っている」ということになるのではないでしょうか。また、普段は接する機会が少ない、部長や取締役クラスの方も人がいない分だけ、コミュニケーションを取る機会が多くなるでしょう。

こまめな報連相

 こまめな報連相も上司の評価を上げるためには重要です。報連相は、上司から見ると、当たり前のことであるという認識が強いですが、なかなか実行に移すことができている社員は多くありません。態度として、こまめにやることが重要だと思っていると示すことで、上司からの評価もアップするでしょう。


 ここでは、上司の評価を良くするための仕事中の態度について紹介しました。態度を変えるだけでも、上司からの評価は一変します。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する