1. 良い意味での"手抜き"も時には必要!仕事がうまくいかないことによる「ストレス」を解消する方法

良い意味での"手抜き"も時には必要!仕事がうまくいかないことによる「ストレス」を解消する方法

by Benoit cars
 仕事がストレス源になるのはよくあることですが、仕事が上手くくいかないときは特にストレスを感じてしまうものです。仕事がうまくいかないコトがストレスに繋がっている時は、どのような対処をすればよいのでしょうか。今回は、仕事がうまくいかないコトがストレスに繋がっている人の解決方法を紹介します。

無責任思考

 仕事がうまくいくか否かは、自分の努力だけではどうしようもない部分があります。努力したからといって、うまくいくとは限りませんし、適当に仕事をこなしているのに大成功を収めることもあります。

 人事を尽くして天命を待つ、という言葉がありますが、できる限りの努力をした後は運を天に任せて祈るしかありません。自分の力ではどうしようもないことに責任を感じていても、ただストレスになるだけ。できる努力をすべてしたのであれば、その後は良い意味で無責任になることをお勧めします。

 仕事に対して努力するべきなのは結果までの過程に対してであり、結果に対しては努力ではどうすることもできません。運も大きく絡むような要素に一喜一憂していては、いくらストレス耐性のある人でも、どんどん精神がすり減ってしまいます。いい意味で無責任になってしまえば、できる努力にのみ全力を注ぐことが可能になり、余計なことに頭を悩ませる必要が無くなるでしょう。

改善の努力

 仕事が上手くいかないコトは、一番のストレス源ではありません。もっともストレスが発生するのは、仕事が上手くいかない野に何をすればいいのかわからない、というような状態です。

 人は何をすればいいのか、分からないときにもっともストレスを感じます。たとえ困難な道であっても、進むべき方向が明らかにさえなっていれば、ポジティブな思考で仕事をこなすことができますが、進むべき道がわからない状態では、どんどんネガティブ思考に追い込まれてしまい、ストレスが溜まっていってしまいます。

 仕事が上手くいかなくても、とりあえずわかる範囲で改善の努力をしていけば、仕事に対して前向きな意識を持つことが可能になり、ポジティブな方向に意識を向けることが可能になります。重要なのは前向きな意識を持つことです。前向きな気持ちが改善のカギを見つけ出すきっかけを生み、仕事をより良い方向へと導くでしょう。

休息する

 思い切って休息しまうのも一つの方法です。疲労が溜まれば、判断力はどんどん鈍ってしまい、いい解決策を見つけ出すことができなくなってしまいます。また、疲れた心はちょっとしたきっかけでストレスを溜めてしまい、健康な状態であれば問題なくやり過ごせるようなことでもストレスを感じてしまうでしょう。

 休息を取って心身をリフレッシュすれば、新たな気持ちで仕事に向き合うことが可能になり、より良い形で仕事ができるようになります。


 誰でも仕事でストレスを感じることはありますが、うまくストレスと付き合っていかなければ仕事を続けることは不可能です。仕事が上手くくいかないときこそ、あなたの真価が問われます。時にはうまく休息を挟みつつ、上手に仕事をコントロールしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する