1. 主体を「業務」から「人」にする!マルチタスクを活用して "マネジメント"を行う方法

主体を「業務」から「人」にする!マルチタスクを活用して "マネジメント"を行う方法

by EverythingAllTheTime
 マネジメントを行う管理職ほど、マルチタスクで業務を行うことを必要とされる役職はないのではないでしょうか。上司への報告、メンバーへの指示、自らの業務の意思決定、社内外のステークホルダーへの対応など、マネジメント職に求められるマルチタスクには限りがありません。ここではマルチタスクを有効活用して、マネジメントを行う方法を考えてみましょう。

1. タスクの軸に「人」を組み込む

 マネジメントで最も大切なことは、「人を動かし、組織を動かす」ことです。しかし、最もありがちなことはマネージャーの判断の遅さがメンバーの業務に影響を与えてしまうこと。マネージャーがメンバーのマルチタスクを阻害するという現象です。

 マネージャーがマルチタスクで業務を行えないと、メンバーのマルチタスクにも影響を与えてしまいます。よって、マネジメントする際に最も気をつけるべきことは、自身のマルチタスクに「人」を優先的に組み込むということです。「『業務』主体のマルチタスク」ではなく、「『人』主体のマルチタスク」を行うのです。

 それにより、マネジメントポートフォリオはメンバーポートフォリオとは異なり、まず人が最初の階層にあり、その下に業務があるというイメージになります。その中で現在誰の業務に最も重要性があるかを判断し、「人」を中心に自身のマルチタスクを回していくという方法で業務を行いましょう。

2. 自分のマルチタスクとメンバーのマルチタスクを融合させる

 マネジメントを行う上で、最も重要かつ迅速に行わなければならないのは意思決定です。マネージャーは意思決定をすることにその存在意義があります。しかし、もちろんマネージャーにもルーチンワークは存在するのです。そしてその中には、マネージャーでなければできないルーチンワークと、メンバーでも遂行可能なルーチンワークがあるでしょう。

 これまで習慣のように行ってきたマネージャーのルーチンワークが、実はマネージャーが行わなくても良いということはよくあることです。よって、マネージャーに必要なことは、自らのマルチタスクとメンバーのマルチタスクを融合させることになります。

 マネージャーが意思決定を行う過程で、もしメンバーのタスクに「待ち」が発生しているとしたら、そのメンバーのタスクにマネージャーが行わなくてもよいルーチンワークを入れ、メンバーの待ちを回避させるようにしましょう。

 このことは、メンバーが「仕事を任されると感じる」、「自分が役に立っていると感じる」という効果があります。また、マネージャーは意思決定に専念でき、かつマルチタスクをOJTで教えるということにもなるでしょう。


 マネジメントは人を軸とし、メンバーと自身のマルチタスクを融合させることを考えて行いましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する