1. マルチタスクで仕事を効率化!同時進行で業務をするときのこなし方

マルチタスクで仕事を効率化!同時進行で業務をするときのこなし方

 仕事を効率よくこなすために身につけたいスキルとして、マルチタスクで仕事をすることが挙げられます。マルチタスクで仕事をこなすことができれば、同時に多くの仕事ができるため、より多くの事が業務時間内でできるようになるでしょう。ここでは、マルチタスクで業務をこなすための仕事のこなし方を紹介します。

優先順位をつける

 複数の仕事を同時にこなそうと考えた場合、仕事の重要性が大きい物同士をくっつけてしまうと、ミスがあった場合の時間のロスが大きくなってしまいます。仕事に優先順位を付けて、仕事の重要度が高いものと低いものをマルチタスクでこなすようにしましょう。

時間管理をして、集中力を保つ

 マルチタスクをするときは、多大な集中力が必要になります。そのため、集中力を保つような工夫が必要になるでしょう。例えば、「ポモドーロテクニック」と呼ばれるものがあります。これは、25分間集中し続け、5分間の休憩を取るものです。このような時間管理の仕方で、集中力を保つのも、マルチタスクでの仕事のこなし方として重要です。


 ここでは、マルチタスクで業務をするための仕事のこなし方を紹介しました。しっかりと時間や、仕事の優先順位に配慮することで、マルチタスクでも仕事をきちんとこなすことが出来るのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する