1. メンバーを怖がっていませんか?チームでの仕事が苦手な人の特徴と改善法

メンバーを怖がっていませんか?チームでの仕事が苦手な人の特徴と改善法

 仕事にはチーム作業が欠かせません。規模が大きくなればなるほど、一人で仕事をこなすことは難しく、チームワークの良さが成功の鍵を握ることになります。しかし、チームでの仕事が苦手という人もいるでしょう。そんな人はどうすればいいのでしょうか。

チームでの仕事が苦手な人はコミュニケーションが取れていない

 なぜチームでの仕事に苦手意識を感じるのでしょうか?それは相手のことを全く知らないからです。よく知らない人が相手だと、気を遣いすぎてしまいます。「相手に迷惑じゃないだろうか」「自分のことを悪く思っていないだろうか」など不安に思いすぎることでなかなか自分の意見が言えず、実力を出し切ることができないのです。

まずはメンバーのことを知ろう

 この状態を克服するためには、チームが決まってすぐはメンバーのことを知るように心がけましょう。自己紹介したり、趣味の話などの雑談をしたりしてみましょう。もちろん仕事に乗ってくれない人もいるかと思いますが、まずは快く会話に応じてくれる人とコミュニケーションを深めましょう。

 ひとりでも気軽に話せる人ができれば、チームでの仕事もかなり楽になるのではないでしょうか。こうやって関係を築くことでお互いに自由な発言ができるようになり、チームワークも深まります。チームが結成してすぐは、周りのメンバーと話すことを目標にしてみましょう。


 いかがでしょうか。気心が知れた仲間とならチームでの作業も辛くないはずです。人数は少なくてもいいです。まずは気を使わずに仕事ができる相手を確保しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する