1. 【ウザい上司にならないために】部下の仕事を見てじっとしていることが苦手な人が持つべき意識

【ウザい上司にならないために】部下の仕事を見てじっとしていることが苦手な人が持つべき意識

 上司として、部下の仕事の指導に当たる機会が多いビジネスマンの中で、部下の仕事を見てじっとしているのが苦手だという方も多いのではないでしょうか。ここでは、そのような部下の仕事を見てじっとしているのが苦手な行動派のビジネスマンが持つべき意識を紹介していきたいと思います。

最終的に自分のためにはならない

 まず意識しておきたいのが、部下の仕事を見ていて、至らない部分があった時に行動してしまうのは、最終的に自分のためにはならないということです。部下に仕事を教える時に、自分が途中で割り込んで協力してしまうと、部下の成長を妨害してしまいます。これが繰り返されると、部下が育たず、自分の負担が増えてしまう原因になるでしょう。

じっとしているメリットを意識する

 部下の仕事を見てじっとしているメリットも知っておくといいのではないでしょうか。部下の仕事を見ていると、部下がどのようなことを考えて仕事に取り組んでいるのかがわかるようになります。これは、自分の仕事にも生かされますし、また、部下の指導方法もより良いものへと変わってくるでしょう。


 ここでは、部下の仕事を見てじっとしているのが苦手な人が持つべき意識を紹介しました。部下の仕事を見てじっとしているのは辛いことですが、しっかりと意識を持つことで、じっとしていることも苦痛にならなくなるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する