1. 仕事で一度したミスを繰り返さない!失敗内容を反省する際のポイント

仕事で一度したミスを繰り返さない!失敗内容を反省する際のポイント

by utpala ॐ
 仕事で失敗をしたら、その失敗を誰もが繰り返したくないと思いますよね。失敗を繰り返さないためには、その失敗を反省することが最も効率的です。ここでは一度してしまった仕事での失敗内容を反省する際に気をつけるべきことについて述べていきます。

検討すべき失敗内容

 仕事で失敗を繰り返してしまう原因としては、その対策が不十分であるということが要因であることが多くあります。しかし自分としては原因も考えているし、そのための対策をしていたという人もいるでしょう。

 そのような人に共通していることは、失敗内容の分析が不十分ということです。つまり視点が違うということになります。例えば、注意力が足りなかったのが原因でより注意するようにしようというのでは不十分です。それでは、そもそも注意力を上げるためにはどうすればよいのかを考えていません。それができるのかできないのか、できないのであれば別の原因を探る必要があります。反省点の対象とする失敗内容は、より具体的な事でなければなりません。

具体的な対策を立てる

 「注意力を持って仕事をする」ということが出来ればもちろん良いのですが、常に実行出来る訳ではないのならばそれは理想でしかありません。そして失敗の対策に理想を持ち込まずに、確実に実行できる具体的な行動にすることが必要です。

 そこで、先ほどの例での失敗内容は「注意力の不足をカバーするための仕組みができていなかった」ということになります。そこで具体的な対策として「チェックリストを作ってチェックを入れなければ次の作業に進むことができないようにする」という対策をフローに組み込んでゆきます。一度犯した失敗内容をくりかえさないためには必ず実行できる対策をせざるを得ない形にするということが大切です。


 仕事で失敗を犯してしまった際は、上記のことを参考に失敗内容を反省し、繰り返さないように対策をしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する