1. デキる人だけが知っている!同期と差がつく新人の心構え

デキる人だけが知っている!同期と差がつく新人の心構え

by midorisyu
 新入社員のみなさんは不安と希望などの様々な感情を抱いています。しかし、初めてのことばかりでどうしたら良いかよく分かっていという人が多くいるでしょう。ここでは、新人が仕事で同期に差をつけるために知っておきたい心構えについて述べていきます。

まずは素直になる

 物事を吸収するために、素直であることが必要です。上司の指導を受けた時、どうしても受け入れることが出来ないと思うことにも多く出会います。しかし、新人のうちはその判断力そのものはまだ未熟であることを知っておくことが必要です。

 何が正しくて間違っているのか、その判断を下すための知識も経験もまだまだ足りないという謙虚な気持ちが大切です。素直さが仕事における能力を伸ばす余力の大きさであると心得ておきましょう。

失敗を恐れない

 誰しもミスをすることはありますが、特に新人の頃はミスや失敗を多くしてしまいがちです。失敗は出来ることなら避けたいと誰が思っています。しかし、新人の頃に失敗を重ねておかないと後々困ることになってしまいます。失敗が人を最も成長させてくれます。

 「失敗をしたくない」と思ってしまいますが、そこから心を立て直す経験も積んでおかなければ、失敗した時の心の抵抗力がつかなくなってしまいます。新人のうちは失敗も仕事のうちと思ってもらえますから、周りの評価などは気にする必要はありません。

日々勉強をする

 勉強というと、書物を開いたりセミナーに参加したりというイメージがあると思います。もちろんそれも大事ですが、勉強するネタは日常のあらゆる所にあるということを知っておく必要があります。仕事をするうえで大切なのは、発見する力です。同期の誰もが気づかないところに自分だけが気づきを得る、それが同期よりも早く伸びるためのポイントであると心得ておきましょう。


 新人のみなさんは、上記のことを心得て仕事を行なうようにしましょう。そうすることで一緒に入社した同期との差をつけることが出来るでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する