1. 単語リストは常備しておくと良いかも!仕事で使う英語が苦手という人がやっておくべき事前準備

単語リストは常備しておくと良いかも!仕事で使う英語が苦手という人がやっておくべき事前準備

by kozumel
 企業も最近はグローバル化してきて英語は必須となり中国語等の多言語まで必要となってきています。今回は仕事で英語が苦手な人がしておくべき事前準備について見ていきましょう。

出てきそうな専門用語を調べておく

 商談の際にも、プロの通訳者であっても事前に出てくるであろう専門用語を下調べして暗記しておくようです。特にその業界によって必要なワードは違ってくると思いますので、下調べは事前にしっかりしておいて出てきたときに慌てないようにしましょう。時間があれば単語リスト等を作っておくのも良いでしょう。

スピーキング・リスニングはトレーニング

 特に英会話では、英語のスピーキング・リスニングの能力が必要となってきますね。これはいくら文法がわかっていても、ペーパーテストで100点を取れる人でもすぐに見につく力ではありません。言葉のキャッチボールのような能力が必要となってきますがこれは一昼夜ではとても身につくものではありませんので普段から英会話学校に通ってみたり外国人の友達を作ったりしてトレーニングを積む努力が必要です。また、映画や音楽などで生の英語に触れるようにしてみても良いと思います。ネイティブの独特な言い回しなども楽しみながら勉強することができますよ。

ビジネス英語をマスターする

 ビジネスに使われる英語は一般英会話とは少し違います。日本語でも、一般の人が家庭で使う言葉とビジネスマンが会社で使う言葉は違いますね。そのような感じで英語でも少々違う事があります。特に相手が取引先の場合は丁寧な言葉使いや、相手を気遣うような言葉を足さなくてはなりません。そのような勉強もしておく必要があるでしょう。ビジネスに使える英語のテキストや参考書なども沢山売っていますし、職場で上司や同僚など、ビジネス英語が得意な方がおられたらその方の言ってる言葉づかいを真似てみても良いですね。

 いかがでしたでしょうか。仕事で英語が苦手な人が必要時にしておかなければいけない事前準備は色々とありますが、まずそういう状況になっても慌てないように事前に対策を取っておくことが大切ですね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する