1. タイミングに気をつけよう!仕事の「チェック」が苦手な人が改善するべき点

タイミングに気をつけよう!仕事の「チェック」が苦手な人が改善するべき点

by J_O_I_D
 皆さんは仕事のチェックにどの程度重要性を感じていますでしょうか。仕事を早く済ませる事を重要視するあまりに、チェックを軽視してしまってはいないでしょうか?仕事には、やはり早さや正確さは欠かせませんが、完璧に仕上げるには最終チェックをするという事がとても重要なのです。このチェックをすることで、皆さんの仕事への評価が上がり、周りの人や上司のあなたの見る目が変わります。では、チェックが苦手な人が改善するべき事をご紹介していきたいと思います。

チェックするタイミング

 仕事の早さよりも、正確さや安全面の方が結果的に重要視される点となる事が多いため、仕事の流れの中にチェックを入れるという改善をするだけで仕事の質が各段に上がります。では、どの時点でチェックを入れればよいのかというと、スタート前、各仕事後、終了後にチェックを入れると良いでしょう。

各仕事後のチェック

 次に、各仕事の後のチェックですが、これは、普段の流れで仕事をしていると惰性も出てきて、抜けが出てきてしまい失敗につながる事を防ぎます。新しい仕事なら尚更、各仕事後に抜けや間違いがないかを確認する事で、完璧な仕事になります。

最終チェック

 最後に、最終チェックは、1日の仕事を終えた後のチェックとなります。1、書類、機械、工具、車など、当日使用したものをチェックし、紛失、故障がないか確認をし、明日の仕事がスムーズに始められるようにしておきましょう。2、当日の仕事での失敗した点や、成功した点をチェックする事で、翌日の仕事への改善点が見つかるのです。これをすることで、同じ失敗を繰り返す事を防ぐ事が出来ます。

 いかがでしたか。各チェックをするだけで、失敗が減り、仕事への評価があがります。最初は、その手間がわずらわしいと感じるかも知れませんが、慣れてしまえば、時間がかかるものでもなく、確実な仕事をするための近道になるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する