1. 理想的な関係を目指さない!仕事で「上司とうまくいかない…」と悩む人が持つべき考え方

理想的な関係を目指さない!仕事で「上司とうまくいかない…」と悩む人が持つべき考え方

by The U.S. Army
 仕事で上司とうまくいかないと悩んでいる人は、少なくないでしょう。もともと人付き合いが苦手な人だったり、仕事の上司が難しい人だったりする場合には、なおさら仕事で上司とうまくいかないと感じることでしょう。

 仕事をする上で、人間関係は大なり小なりその人のモチベーションなどに影響を与えます。ここでは、仕事で上司とうまくいかないと悩んでいる人が持つべき考え方について考えてみたいと思います。

仕事の時だけとわりきろう

 仕事をしなければ、収入が無くなり生活に困ります。嫌な上司とのうまくいかない関係を含めて、仕事だと割り切りましょう。嫌な上司とも、仕事の時間だけのお付き合いなので、家に帰れば一緒にいる必要はありません。ビジネスライクに割り切って、私情を入れないように接しましょう。案外自分の方が、自分の考えを押し付けて判断をしていることもあるのです。

うまくいくように努力する

 初めから、うまくいかなくて良いと思うこともありですが、初めは、うまくいくように相手に配慮しましょう。上司なので、嫌われてしまうと何かと仕事をするうえで不都合となります。

 あるアナウンサーが話していた言葉で、「嫌な上司と仕事をすることがあるでしょう。そんな時は、その人の良いところしか見ないようにしてついて行きましょう。」というものがありました。相手の欠点ばかり気になる人は、人の欠点ばかりを指摘してしまうという欠点がある人かも知れません。

 批判ばかりしていても、自分よりも優れたところがその人には多くあるかも知れません。良いところを見習うようにしたいもの。言葉に出して、褒めると相手も嫌な気はしないでしょう。

うまくいかなくて当然と思う

 上司に合わさない限り、仕事で上司とうまくいくということはないでしょう。周りの人を良く見てみると、案外、自分の意見は別でも上司にうまく合わせたり、その時その時で意見が変わっていたりする人も多いです。おべっかを使って、調子が良い人でも、常に合わせるということは、大変力のいることです。それができる人こそが、世渡り上手な人なのです。

 それができないならば、感情的にうまく合わせようとせず、仕事の内容で堅実に誠実に上司に姿勢を示していくしかありません。うまくいかなくて当然と思うことで、心は楽になるでしょう。

 しかし、生意気な態度をとってはいけません。うまくいかないと自分が思っている範囲でとどめておきましょう。態度や言葉に出しては決していけません。なぜなら、相手は上司だからです。態度や言葉に出すと、その場に入れなくなるか、居心地が悪くなることでしょう。


 仕事では、仕事そのものと同じぐらいその場での人間関係が重きを増してくることもあるでしょう。上司とうまくいかないと思うことは、どの職場でもあることでしょう。しかし、うまくいっている人もいるのです。馬が合うとか合わないということもあるでしょう。しかし、みんな上司と合わせているのです。それが自然に出来る人もいるでしょう。できない人は、仕事とは、そういうものと割り切って、プライべートで、息を抜きましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する