1. 会社に原因があった場合はどうする?仕事がうまくいかないと思った時の対処法

会社に原因があった場合はどうする?仕事がうまくいかないと思った時の対処法

by Thomas Leuthard
 仕事がうまくいかない時に会社や環境が悪いと思ってしまう人がいます。仕事がうまくいかない原因は会社にあると考えてしまうときの対処法について見ていきましょう。

他者を責める人、自分の責任であると認める人

 人には色々な考え方があります。同じような内容の失敗をしたときにも人によってとらえ方は違うもの。例えばミスをしてしまった場合に「この会社のシステムが悪い」と会社や他者を責めてしまうタイプの人が会社に原因があるのだと考えてしまいがちです。一方、自分がもうちょっとこうしておけば良かったと反省し同じ過ちを繰り返さない。こういうタイプの人は会社に原因があるとは考えず改善策を見つけようと考えます。このように同じ状況でも人によって考え方や価値観が異なります。一度客観的に第三者の目で見ることによって、会社の悪い点、自分が至らなかった点が見えてくるでしょう。

それでもやはり会社に原因がある場合

 自分を変えることはできても他人は変えられない場合が多いです。それは仕方のないことだとわりきってしまうことも時には必要でしょう。限られた状況の中で、いかに自分が輝けるのか。どうすれば最善を尽くすことが出来るのかという風に自分で変更できる範囲の事を工夫して、努力してみることも大切です。

 人にはやはり誰でも考え方のクセがあります。それは生まれてから今まで培ってきたものですので簡単に変えることは難しいかもしれません。最初は大変だと思いますが思考を変えることは努力によって可能だと思います。なんだか上手くいかないなという時には自分の思考を少し変えてみて違う角度から物を見るようにする努力も必要ですね。環境は自分次第でいくらでも変えることが出来るでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する