1. 出来ることを1つずつ増やしていく!「仕事で成果を出す」と意気込み人に必要な要素

出来ることを1つずつ増やしていく!「仕事で成果を出す」と意気込み人に必要な要素

by Sebastiaan ter Burg
 「仕事で成果を残してやる」という意気込みを持って仕事に取り組んでみたは良いものの、仕事の成果がなかなか出せずに悩んでしまうという人は、意外と多くいるのではないでしょうか。では、そういった人が仕事の成果を出すために必要な要素を考えてみたいと思います。

健康と精神の安定

 まずは何と言っても、健康と精神の安定が仕事の成果を出すために必要な要素だと思います。これらの要素が欠如しては、いくら高い能力を持っていたとしても風邪で頻繁に会社を休んでしまったり、モチベーションが下がったままの状態で成果を出すことは難しいでしょう。

 そのため普段の食生活から気をつけ、適度な運動を取り入れていく必要があります。それにより、健康な状態を保つことができるのです。そしてその上で、ストレスに負けない、安定した強い精神が持てるような対策を取ると良いでしょう。

対自分能力

 健康と精神の安定が保たれていれば、自分の能力を100%発揮できます。それは逆に、健康で精神が安定しているのに、仕事の成果が思わしくないのなら、対自分能力の何かが不足しているということになるでしょう。対自分能力には、専門的な知識、問題解決能力や論理的思考などといったスキルが挙げられます。

 ですから、仕事の成果が思わしくない理由を今一度しっかり吟味し、その中から自分に不足しているものを見つけ出し補えば良いでしょう。成果が出ないことに焦点をあててしまうと、モチベーションが下がり易くなります。

 そうではなく、新しい能力が習得できる良い機会と思えば良いでしょう。そうすることによって、モチベーションも上がり能力習得を通して仕事の成果も上がっていくでしょう。

対人能力

 仕事の多くは1人で完結するものは少ないですし、仕事の成果も上司といった違う人の目を通して計られるかもしれません。仕事の成果を出すために必要な要素として、対人能力重要になってきます。対人能力にも、コミュニケーション能力、影響力や人を巻き込む力など様々あります。そして、それを既に身に付けているもの、いないものは人によって違うでしょう。ですから、自分に欠けている対人能力を見つけ、その能力を高めていけば良いと思います。


 以上、仕事で成果を出すために必要な要素を紹介してきました。3つほど紹介してきましたが、一度に全てを身に付けようとするのではなく、まずは健康と精神の安定から取り組んでいけば良いと思います。「成果を出す」と鼻息荒く、焦って仕事をこなしても成果は出ません。まずは、1つずつ出来ることを増やしていくようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する