1. 【仕事に関する基礎マナー】反省文を書くにあたって知っておくべき「文章作成」のポイント

【仕事に関する基礎マナー】反省文を書くにあたって知っておくべき「文章作成」のポイント

by sludgegulper
 仕事をしている以上、全てが成功するわけではありません。当然失敗することもあり、そういう時は反省文の提出を求められることがあるでしょう。せっかく、反省文を書くのであれば、相手にきちんと理解してもらわなければなりません。そのためには、どういった反省文を提出したらよいのでしょう。今回は、反省文作成にあたってのポイントを伝授します。

形式を確認する

 反省文であっても、れっきとしたビジネス文章です。最近では、メールの頻度が高くなり、ビジネス文章の形式が軽視されがちです。しかし、考えてみましょう。反省文を提出するのは誰ですか?ほとんどの場合は、目上の人であったり、お客様だったりします。当然のように礼節を尽くさねばなりません。

 そこで、形式が大事なのです。形式は調べれば簡単にわかります。要はビジネス文章の基本と変わりません。

冒頭に謝罪文を入れる

 非常に簡単ですが、効果的なのが「冒頭に謝罪文を入れる」ことです。これも、ビジネス文章と同じです。最初に要件をきちんと伝えることが大切。ダラダラと書きだしてしまっては、読む側も読む気が失せてしまいますし、結局何を反省したかが分かりません。ですから、まずは冒頭に謝罪文を入れることを理解しておくべきでしょう。

対策をきちんと記載すること

 なぜ、反省文を提出させるのでしょう。反省文を書かせる意味はそこにあります。失敗はすでに起こってしまったことです。そこに対してのリカバリーはすでに行われています。反省文の意味は、失敗に対して反省を自覚してもらうのと同時に、二度と同じ間違いを繰り返さないようにその対策を考えろということに他なりません。

 ということは、なぜ、今回の失敗が生じたのか(原因)とどうしたら今後失敗が生じないか(対策)が記載されていて、反省文の意味を満たすことになります。


 反省文も一種のコミュニケーションです。ましてや失敗して怒っている人に対して提出するもの。そこで、いい加減な反省文を提出したら、さらに怒りは増してしまうでしょう。ピンチはチャンスでもありますが、ドツボに陥る要素もたくさんあります。たかが、反省文と思わず、その意味をもう一度吟味してみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する