1. 短期間での"成長"につながる!仕事の「反省」と「目標立て」を一緒に行うことのメリット

短期間での"成長"につながる!仕事の「反省」と「目標立て」を一緒に行うことのメリット

by Wonderlane
 仕事力は反省と改善の繰り返して少しずつ鍛えられていくものです。もし仕事で何か失敗をしてしまったら素直に反省し、その失敗をどのように次からの仕事に生かしていくのかを考えることが成長に繋がります。

 同じ失敗を繰り返さないようにするための方法として有効なのが、仕事の反省と目標立てを一緒に行うことです。仕事の反省と目標立てを一緒に行うことでさらに自分を高めながら仕事をしていけるようになるでしょう。今回は、仕事の反省と目標立てを一緒に行うことのメリットについて解説します。

適切な目標を立てやすい

 仕事における目標とは、現状における問題点を解決するような形で設定されなければなりません。現状における問題点を解決する目標を設定することで仕事の効率は改善され、より良い形で仕事ができる体制が確立します。問題点を発見するのに一番効果的な方法が、仕事の反省点から問題点を発見する方法です。

 反省点とは仕事がうまくいかなかった部分であり、問題点が潜む場所でもあります。上手くいかなかったからといって、ただ反省しているだけでは、次につながりません。反省点を材料に仕事の問題点を見つけ出すことができれば、目標解決の課題として問題点を利用することが可能になり、成長を通じて仕事の質を高めていけるでしょう。

足りない部分を自覚できる

 仕事の反省をするということは、自分と向き合い能力の不足部分を見つめ直す作業でもあります。なぜ反省しなければいけないのか、それは自分の仕事に問題があったからであり、仕事能力が不足していたからに他なりません。反省点を見つめ直すことは、認めたくない自分の弱さと向き合うことなのです。ただ反省をしているだけでは、気持ちが暗く沈んでしまうだけでしょう。

 そんなときこそ目標縦を一緒に行うことが効果を発揮します。目標とは目指すべき方向であり、乗り越えるべきハードルです。目標について考えるとき、人は前向きでポジティブな気持ちになります。

 反省というネガティブな気持ちに陥りがちな行動を、目標立てというポジティブな気持ちになれる行動と一緒に行うことでモチベーションの低下を防ぎ、真摯な気持ちで自分の足りない部分と向き合うことができるのです。

 自信を高めて成長するためには、自分に足りない部分を自覚しなくてはいけません。そのためには仕事の反省と目標立てを一緒に行う事で自分と向き合い、現状の自分を常に自覚しておく必要があるでしょう。


 反省する、というとマイナスイメージを含んでいるように思えてしまいますが、実際にはそんなことはありません。反省とは自分の仕事と向き合い、問題点を発見するための作業であり、次の仕事をさらに改善するためのものです。

 仕事がうまくいかなかったときに真摯な反省ができなければ、仕事を改善していくことは不可能です。反省で問題点を発見し、目標立てで成長を目指すことが、より良い仕事をしていくための唯一の方法と言えるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する