1. "成長"のためには周りの力を活用せよ!上司に仕事のフィードバックを求めることで生まれるメリット

"成長"のためには周りの力を活用せよ!上司に仕事のフィードバックを求めることで生まれるメリット

by Tom Wolf | Photography
 仕事の質を引き上げるための方法として、上司のフィードバックを利用する方法があります。フィードバックとは、「結果を分析して原因側に反映させることを通じて原因側を改める」事を意味します。

 部下の仕事に対して上司がフィードバックを返すことで仕事の質を高めながら効率を改善していくことができるでしょう。今回は、仕事で上司にフィードバックを求めることでのメリットを紹介します。

問題点が明確になる

 部下の仕事の成果が芳しくない場合、問題点を見つけ出すことが仕事の改善につながる重要な作業になります。部下自身が問題点に気づくことができれ良いですが、結果から問題点を見つけ出す作業を一人で行うのはのは、なかなか難しいもの。

 部下が上司にフィードバックを求めることで、上司の経験に基づいたアドバイスをもらうことができます。気づいた点や問題がありそうなポイントを指摘してもらうことができれば、問題点を発見するための有力なヒントになるでしょう。

 上司にフィードバックを求めることで、部下一人では達成困難な問題点発見という課題を解決するためのヒントが手に入ります。単に解決方法を教えるのではなく、有力なヒントとなるアドバイスを渡すことで、部下の成長を促しながら課題を解決することが可能になるでしょう。

ミスの防止

 上司のフィードバックは、一種のチェック機関の役割を果たします。部下自身が仕事に潜むミスに気づいていないまま仕事を進めてしまうと、後で取り返しのつかない事態を招いてしまいかねません。仕事のプロセスに上司にフィードバックを挟むことで適時仕事にチェックが入ることになり、部下が気付いていないミスを上司が指摘することができるようになります。

 また、上司が直接ミスの指摘をすることで、部下自身もミスの起こりやすい場所やミスの発見方法を学ぶことが可能になり、今後のミスを防止する効果も生まれるのです。フィードバックを通じて現在のミスを取り除くと同時に、部下のスキルアップを実現して将来のミスの予防にもつながります。

仕事の質を高める

 仕事で上司にフィードバックを求めることで仕事の質が上がり、より良い仕事へと改善される効果が生まれます。部下が仕事を完成させたとしても、その結果が必ずしも理想的なものとは限りません。そんな時に上司のフィードバックを活用することで改善点や改良点が明確になり、より仕事の質を高めることができるでしょう。

 仕事のどこに改善の余地があるのかというのは、自身を持って仕事をしている本人はなかなか気づかないもの。上司が一歩離れた立場から仕事を見つめることで、冷静に質を判断する工程が加わり、仕事の質をより高める工夫が生まれます。


 上司にフィードバックを求めることは、自らの仕事を客観的な目で評価してもらうという作業でもあります。冷静な上司の目を通じてチェックすることで様々な問題点や改善点を発見することが可能になります。

 一度で完璧な仕事をこなせる人など存在しません。上司にフィードバックを通じて改善を重ねることで仕事を仕上げていけば良いのですから、どんどん上司に相談して、仕事の質を高める努力を重ねてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する