1. 少しの手間を怠ることなかれ!仕事の確認を怠ることで生じてしまうミスの種類と改善方法

少しの手間を怠ることなかれ!仕事の確認を怠ることで生じてしまうミスの種類と改善方法

by Jose Javier Martin Espartosa
 仕事を完ぺきにこなすために最も重要な作業が確認作業です。誰でも仕事でミスをしてしまうことは避けられないことですが、確認作業さえ完璧に行っていれば、ミスをきちんと発見することが可能になり、納期までに完璧な状態を整えて仕事を完成させることができるでしょう。

 もし仕事の確認を怠ってしまうと、重大なミスが起こってしまいます。ミスを起こさず仕事を進めるためには、どのような点に注意して確認すればよいのでしょうか。今回は、仕事の確認を怠ることで生じるミスと改善方法を紹介します。

数字のミス

 仕事の確認を怠ることで生じるミスの中でも最も多いのが数字にまつわるミスです。数字はたった一文字間違えただけで、大きな影響が出てしまうため、わずかなミスが大きな被害に繋がってしまう可能性があります。特に桁を間違えて記入してしまった場合、その被害は莫大なものになってしまうので、細心の注意を払って確認しなければなりません。

 数字のミスを防ぐための改善方法としては、記入形式をそろえる方法がオススメ。書類に数字を記入する時は、必ず所定の位置に桁を揃えて記入することで見間違いを防ぎ、単純な記入ミスの確認漏れが無くなります。

 余裕があれば2人以上でクロスチェックをしておきましょう。1人でチェックしていると何度も同じ場所をチェックしているつもりでもついつい見落としてしまいがちが、2人でチェックをするとそれぞれ違った視点から数字をチェックできるため、より確実に確認作業を行えます。

連絡ミス

 集団で作業をするときに起こりがちなミスが、連絡関係のミスです。連絡を直接伝えるときは問題ありませんが、伝言やメモで連絡事項を伝える場合は注意が必要になります。

 必要なことを誤って記入してしまったり、伝言内容が不明瞭だったりすると、肝心の内容を誤って伝えてしまうことになります。連絡を受け取った人が確認作業を怠ればミスの内容で仕事が進められてしまい、大きな損害になってしまうでしょう。

 連絡ミスを防ぐには、連絡を受け取った側の確認作業が重要です。連絡を受け取っただけで終了と考えず、すぐに連絡もとに内容の確認をすることで、誤った内容が伝えられることを防ぎ、正確な内容を受け取ることができます。

発注ミス

 仕事をするうえでよくあるのが発注ミスです。発注ミスの原因は単純な記入間違いなどにあるため、きちんと確認作業をしていれば十分に防げる種類のミスと言えるでしょう。

 発注ミスは担当者が書類記入から発注作業まで、すべてを一人で行ってしまうことが原因で起こるミスです。発注作業に確認の肯定を設けることで第三者によるチェックが入り、単純ミスを防止できます。


 仕事で起こるミスのほとんどは、確認作業を怠ることで発生しているミスです。確認作業を怠ることなくきちんとチェックするだけでほとんどのミスは防げます。確認作業を無駄な工程と考えず、品質管理のための重要な作業と考えて力を注いでください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する