1. ポイントを押さえれば誰でも出来る!仕事の段取りが下手という人が知るべき改善策

ポイントを押さえれば誰でも出来る!仕事の段取りが下手という人が知るべき改善策

by MikeBehnken
 どうしても仕事の段取りが下手だと思っている人が、それを改善するためにはどのような方法があるのでしょうか。段取りを組むためには、まず必要なことを把握しておくことが必要になります。そして実際にどのような形で段取りを組むのか、次にその管理の仕方という形で進むことになるでしょう。ここでは、それぞれのポイントをあげていきます。

段取りに必要な要素とは

 段取りが下手な人は何が課題となるかといえば、優先すべき仕事とは何かがいまひとつわからないということでしょう。心掛けるポイントは、優先すべきは重要度の高い仕事をさらにどの順序でこなすかということです。

 そしてそのためには、その後の仕事の期限を知る必要があります。重要度の高い仕事の次の作業の納期から逆算して、重要度の高い仕事の順序を決めることが必要となります。

スケジュールの組み方

 一日の流れから説明します。まず最初はできれば、エンジンをかける意味ですぐに取りかかれてすぐに終わる簡単な仕事を入れておきましょう。そして緊急度の高い仕事をその期限の少し前あたりにもってきて、あとは重要度の高い仕事を優先順位の高い順に埋め込んでいきます。

 仕事には流れ作業的に行えるものと、考える必要があるものとがあります。それぞれをできる限りまとめておく方が能率が良いです。その点を意識して、仕事を割り振りましょう。

管理の仕方

 段取りは組んでしまえば終わりではありません。実際に実行する中でチェックすることが不可欠です。予定通りに進んでいるのか遅れているのか。修正の必要があるのか無いのかなど、常に管理することが必要になります。


 段取りとは簡単に身につくものではありません。試行錯誤することによって少しずつその感覚を身につけていくことができるものです。3つの中で特に大切なのは、最後の管理です。とにかく段取りを組んでみて実行してみる。そのフィードバックをもとに、さらにその精度を上げていく。それこそが、改善するために必要不可欠な作業ということになるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する