1. 働く気力が湧き上がってくる!ゴールデンウィークの休みボケを吹き飛ばすために観たい2つの映画

働く気力が湧き上がってくる!ゴールデンウィークの休みボケを吹き飛ばすために観たい2つの映画

 仕事とは何でしょうか?お金を得て、生活するための手段であることは間違いないですが、それにしてもつらいときもたくさんあります。失敗したり、成功したり、成功したのに全く評価されなかったり、失敗ばかりで怒られたり・・・日本社会ではイエスマンが美徳とされていることもまだまだ事実のようです。その事実を受け入れてイエスマンを演じている自分に嫌になる瞬間があります。そのストレスを解消してくれる、2本の映画をご紹介させて頂きます。

1.仁義なき戦い

 菅原文太主演の言わずと知れた名作。戦後に復員兵として帰ってきた主人公が、街のケンカを通じていわゆるやくざ社会に足を踏み入れて行くストーリーですが、展開が分かりやすい!基本的に出演者がみな自分の欲望に対して忠実で、己の為に全てをかけて欲望を全うしようとします。イエスマンを演じている自分とは真逆の世界観が繰り広げられます。スカッとてストレスを忘れましょう!!映画の中の主人公に自分を置き換えると、明日からがんばろうという気分になります。

2.モンスターズ・インク

 子供から大人まで大人気のディズニー映画です。モンスターのサリーとマイクが繰り広げるどたばたコメディですが、笑いあり、涙ありとなかなか深いストーリー構成となっています。注目すべきは工場の社長です。悪い社長に対してコビを売り共犯するモンスターの存在。現実の会社と似ています。モンスターで描かれているため柔らかく受け止められますが、この内容は日本の中小企業の実態のようにも感じます。サリーとマイクはモンスターの世界に迷い込んだ人間の女の子を守るために奔走します。そして最後には、社長の悪事は全てばれてハッピーエンド!見ていて心が温かくなります。


 以上、お勧めする映画2本でした。明日から仕事を頑張ろう!と思える映画とは、今の自分の境遇と似ているものか真逆のものかこの2つで効果があるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する