1. インターネットならではの生み出し方!面白い企画を生み出すために活用したいWebツール

インターネットならではの生み出し方!面白い企画を生み出すために活用したいWebツール

by TAKA@P.P.R.S
 マーケティング業務に従事していて頭を悩ませるのが、いかに面白い企画を生み出せるか?ということです。みな出身地が違うように、通ってきた道筋も違うため、これまでの経験から企画を出し考えた時は画期的だったはずの企画が、実は数日経って見てよく考えるとつまらない企画となっているというのはよく陥りがちなケースです。では、どうすればよいのでしょうか?ここで着目すべきは、「LINE」というソーシャルアプリケーションです。

1.企画会議

 企画発足に際して企画会議を実施します。対面式で数人で集まって議論します。おのおの企画のネタを持ち寄って、その企画についてプレゼンをします。

2.企画会議の反省

 企画会議の後に、LINEを活用します。まず、トークメンバーを会議参加者全員に設定し、企画会議を実施したけど、本音はどうなのか?を聞き出します。発言をする人から順にレスは帰ってくると思いますが、着目すべきは本音を語らない、積極的に発言しない人なのです。

3.ワンツーワンの会話

 積極的に会話しない人、積極的に会話する人、それぞれ企画会議の主催者と1対1の形でトークグループを設定します。ここからはパラレルの作業となりますが、基本的に1対1のやり取りのため、会話は外に出ないという安心感から、積極的に発言しない人も心を開いてきます。ここがポイントです。

4.まとめる

 ワンツーワンで各自発言してきた内容について、箇条書きにしてまとめていきます。誰が発言したのかはマスクします。そして企画会議を再度実施し、箇条書きにされた内容について検討会議を実施します。

 ワンツーワンの対話となるため、外部に自分の意見がブロックされることから、良いアイデアを持っていても発言する勇気のない人でも、自由に発言できます。その心理をついた方法となります。是非LINEを活用して、良い企画を生み出してください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する