1. 休日の朝に起きたくても起きれなければ黄信号!仕事のストレスを測るチェックポイント

休日の朝に起きたくても起きれなければ黄信号!仕事のストレスを測るチェックポイント

by TheeErin
 仕事に対するストレスというのはどのようにチェックすれば良いのでしょうか?いくら仕事を頑張っても、体を壊してしまっては意味がありません。今回は沿うならないために、自分のストレス度をチェックする方法について紹介していきます。 

1. 休日なのに、なかなか起きられない

 週休二日制の方に多いのですが、最初の土曜日は朝もしくは昼まで寝ているという方が少なくありません。前日金曜日に深夜までお酒を飲んでいないにも関わらず、朝になっても起きられない起きる気にならないと言う場合は要チェックです。仕事でストレスが溜まってくると、どうしても気持ちが体に伝わり行動に出るのが遅くなります。

 この起きられない、起きる気にならないという方は黄色信号として注意して下さい。休日を迎え、元気に飛び起きて出かけたり趣味に没頭できるのならよいのですが、仕事でのストレスを日常からチェックする方法として、この症状が心当たりある場合には自分に仕事のストレスが溜まっている事を自覚する事が大切です。

2. 休日には早起き出来る

 普段は時間ギリギリまで布団から出られないのに、休日を迎えると人一倍早起きして出かけるなり趣味に没頭するなりする人が居ます。これなら大丈夫と、言いたい所なのですが問題はその休日も終わりに近づいた時間帯です。

 日曜の夕方にサザエさんのエンディングテーマ曲を聞くと憂鬱になると言う、いわゆる「サザエさん症候群」という言葉がありますが、それです。「あぁ明日、仕事か」と大方の人が思うわけですが、急激なテンションの下がり具合も自分が仕事でのストレスを日常からチェックする方法の一つの項目でもあります。

 ただ、一時的でも自分のやりたい事や趣味に没頭する時間を設けられる人は少なからずストレスを発散しているので良い方法だと思います。チェック法としては自分がどうしている時が楽しいか、仕事の事が気にならないかがポイントになって来ます。

3. 常に仕事の事を考えてしまう

 仕事でのストレスをチェックする方法として、一番大切なのは『仕事を家に持ち帰らない事ができているか』という事です。書類を作るなどの事務的な作業は個人情報の持ち出し禁止等で自宅にデータを持ち帰り、作業する事は少なくなりましたが、ここで挙げる仕事を家に持ち帰らないという事は自分の気持ちをちゃんと会社を出る時に置いて来れるかという事です。

 多少の例えば明日のプレゼン、先方との約束時間などの確認程度ならいいのですが、日々の業務において常に出てくる仕事に対していつしか毎日仕事の事ばかり考えるようになっていたら要注意です。それに輪をかけて人間関係などで悩んでいるのであれば、間違いなく仕事にストレスを感じている決定的証拠となるため、早くに自分で気づく事が大切です。


 仕事のストレスを自分で気づくようにチェックする事と先ず実践できるかどうかで、抱えているストレスに気づく事が出来ますし、自分を守る事にもなります。せっかく頑張って働いているのですから、休日には思い切り楽しめる、または何もしないでゆっくりと「心」を休める事が出来るようになれば、ストレスの発散と共に仕事に対する意欲も湧いてくる事でしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する