1. 声を出すことで記憶を刺激する!仕事をチェックする3つのコツ

声を出すことで記憶を刺激する!仕事をチェックする3つのコツ

by paul bica
 どのような仕事をしていても、どうしてもミスが出てしまうのは仕方ないのですが、人間が活動を行う上でできる限りミスというものはなくしていきたいものです。何とかして事前に確認をとれるようにしてこのミスを減らしておく方法はないのでしょうか?今回は仕事の確認作業においてミスをなくすためにチェックを行うコツについて紹介していきます。

1.  確認する項目をあらかじめわかるようにしておく

 仕事の確認作業においてミスをなくすためにチェックを行うコツとしては、あらかじめ確認しておかなければならない項目を作ることです。ミスが出やすい部分やミスが出ると重大な影響が出る部分について、必ずチェックしておかなければ、後に重大な影響が得てしまいます。

 そのため、その部分を全員がしっかりとわかるようにするために、まずは確認を取るべき項目をリストアップしておきます。そして、仕事上のミスが出ないように確認をとれるように、チェックリストを作成したり目印などをつけておく必要があります。

2. 指さしをしながら声を出して確認をする

 2つ目のコツは、指をさしたり声を出しながら確認作業を行うことです。電車の駅員の指さし呼称のような確認の仕方で、実際に声や体を使ってあらかじめ安全確認などを行うのです。このような指でさしたり、声を出しておけば、目だけで見るだけよりも人間の記憶に残りやすいため、ミスの可能性が少なくなるのです。確認をするときには、体を使って行動することを心がけ、ミスが少なく済むようにしましょう。

3. マンネリにならないようにする

 3つめのコツは、マンネリにならないようにすることです。確認作業を毎日同じように行うとどうしても、飽きが来てしまったり慣れによってミスをの確認がおろそかになってしまいます。そういった時にこそミスが起きてしまう大きな原因の一つとなってしまうのです。そのため、そのようなことが起こらないように、定期的に確認方法などを変えて対応することが望ましいのです。


 ミスに対する考え方も色々あるため、確認の方法も色々と考えながら工夫すれば、また新たな発見があるかもしれません。そのため、一つのことにこだわらず、様々な角度から考え、ミスの減少に繋げていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する