1. 用途に合った手法を使おう!短い期間で市場調査を効果的に行なう方法

用途に合った手法を使おう!短い期間で市場調査を効果的に行なう方法

by marfis75
 市場調査は、特に新製品の開発などのために行う場合などは非常に長い時間がかかります。 しかし、季節によって需要の変化する商品もあるため、いかに短い期間で調査や分析を終えるかが勝負となります。ここでは短い期間で市場調査を効果的に行う方法について述べていきます。

調査目的を見直す

 市場調査期間を短くするためには、まずは調査目的を再度見直してブラッシュアップすることが必要です。中には「今までやっていたからやる」「常識だからやる」といった調査項目が出てくるかもしれません。 需要の時代や時期での変化に対応するという意味でも目的のブラッシュアップは効果的です。 

 まずは調査項目を「本当に今必要な項目」だけに絞りましょう。また、調査項目を絞り切れない場合は、本当に必要な「コア調査」とあったほうがよい「サブ調査」に分類するのもオススメです。そしてコア調査をメインに考え、サブ調査はそのコア調査と同時並行で行えるものだけに絞りましょう。 こうすることで、より効率的な期間短縮が行えます。

 手法を変えてみる

 もし、項目に見直すべき点もなくすべての調査を行わなければいけないとしたら、手法を変更しましょう。通常市場調査は原則「1対1」もしくは「1対グループ」で行われます。訪問調査、郵送調査、電話調査、インタビュー調査などが代表的な例です。これらは実際に調査を「する側」と「される側」がはっきりしているため、比較的精度の高い結果が得られる反面、調査期間としては長くなります。 

 そして、このような調査を短期間で可能にするのがインターネットでのアンケート調査です。インターネットでのアンケート調査は、「1対無数」の状況を作ることができます。そしてその無数の相手に対してまったく同じ質問をまったく同時に投げかけることができます。インターネットでのアンケート調査は、手軽に市場調査期間を短くすることが可能なツールです。状況に応じて手法を変えていきましょう。


 上記のことを心がけることで市場調査にかける時間はぐんと短くなります。ぜひ効率的な事情調査を行なってみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する