1. 最大の効果は"心のゆとり"!「タイムマネジメント」を行うことのメリット

最大の効果は"心のゆとり"!「タイムマネジメント」を行うことのメリット

by archer10 (Dennis)
 仕事の効率を上げ、より生産性を高めるために効果を発揮するのがタイムマネジメントと呼ばれる手法です。タイムマネジメントとは、労働効率と時間配分を見直すことで業務効率を改善するための時間管理術。タイムマネジメントを実行することで、時間当たりの労働効率の改善が達成され、短時間でより効率よく仕事をすることができるでしょう。今回は、効果を重視したタイムマネジメントを行うメリットを紹介します。

時間を有効に使える

 タイムマネジメントの基本的な考えは「限られた時間を最大限に活用する」ということです。スケジュールやタスクを見直すことで無駄や不合理を排除し、時間当たりの労働生産効率を高めるのがタイムマネジメントの基本的な取り組みであり、タイムマネジメントが実現することでより効果的に一日の時間を活用することが可能になります。

 タイムマネジメントとは単なるスケジューリングとは違い、より効率的に時間を使うための時間管理を行うことも目的としているのです。

 例えば、「外回り→帰社→デスクワーク→外回り→帰社→デスクワーク」というようなスケジュールで一日仕事をしている場合、外回りを一度にまとめて行ってしまえば移動時間を大幅に節約することが可能になります。同じ量の仕事をしていても移動時間分を節約することで時間当たりの仕事効率は高まり、短い時間で効果的に働くことができるでしょう。

仕事に余裕を生み出す

 タイムマネジメントによる時間管理では、仕事の質を落とさずに短時間で仕事を処理することを可能にします。同じ量の仕事を短時間で処理できるようにするということは、仕事の合間に余裕が生まれるということです。

 その時間を仕事の質を高めることに充てれば、よりクオリティの高い仕事をすることができますし、新しい仕事に充てれば処理する仕事の量がアップします。タイムマネジメントによる時間管理を実行することでより効率的に働けるようになり、余裕ある仕事が実現するでしょう。

負担の軽減

 タイムマネジメントを実行して時間と作業を見直せば、同じ量の仕事を短時間でこなせるようになります。処理するのに10日間かかる作業でも、タイムマネジメントで仕事全体の時間管理を行うことで9日間で処理することが可能になれば、1日の余裕が生まれて休日が確保できます。企業の労務管理を考える場合、いかに作業効率を上げるのかというのは重要な課題です。

 タイムマネジメントでは、限られた時間とリソースを最適に配分することで業務の効率化を実現することができるため、同じコストでもより効率よく効果的に仕事を進めることが可能になり、仕事の質を維持したまま従業員の負担を減らすことができます。


 タイムマネジメントの一番のメリットは、追加負担がゼロで作業効率が改善することです。改善によって生まれた余裕をどう使うのかは自由です。さらに仕事を増やしてもいいですし、休息にあてても構いません。タイムマネジメントを効果的に実践することが、より良い働き方を生み出します。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する