1. 仕事の"ちょっとした合間"に出来る疲れを解消する運動

仕事の"ちょっとした合間"に出来る疲れを解消する運動

by urbatronic
 仕事で一日中デスクワークをしていると、肩が凝ったりと疲れを感じることはありませんか。出来ることなら疲れを感じることなく快適に仕事を行いたいですよね。そこで、ここでは仕事で疲れを感じたときにオフィスで出来る簡単な運動について述べていきます。

体を伸ばすストレッチ運動

 オフィス内で軽くできる運動の定番にストレッチ運動があります。ストレッチであればオフィス内で椅子に座ったままでも簡単に出来るためオススメです。特にパソコンの画面や書類に同じ姿勢で取り組んでいる人は首や腕、肩の付近が特に疲れが出てきます。そのような人はストレッチによって効果的に疲れを癒しましょう。

 具体的なストレッチは以下の通りです。

・首を前後左右にゆっくりと動かすストレッチ
・腕を上にあげて伸ばすストレッチ
・腕を前後に伸ばすストレッチ
・肩甲骨付近の筋肉を背骨のほうに寄せたり広げたりするストレッチ

 上記以外にもストレッチには色々な方法がありますので色々なものを試して自分に合ったものをオススメします。また、ストレッチをする際には出来る限りゆっくりと伸ばして少し痛い程度ぐらいで伸ばすのを止めるようにし、体を伸ばすときにはゆっくりと息を吐くようにすることで、より多くの効果が期待出来ます。

軽い足の運動

 オフィスで長時間座り続けていると足の血行を悪くしてしまうため、その悪い血の流れをよくするために運動が必要です。

 そこで、その状況を改善するために屈伸運動やスクワットが効果的です。屈伸運動やスクワットに関してはあまりスペースを取らずにどこでも出来るため、長時間座りっぱなしの環境や、あまり足を動かさない環境にあるときには屈伸運動やスクワットでむくみや倦怠感などの解消をしましょう。

 さらに、階段を使ってみたり少し歩いてみるだけでも血行が良くなり、人の目も気にならないためオススメです。


 上記のことを参考に、少し疲れを感じた時には血行を良くして快適な状態で仕事に取り組みたいですね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する