1. 3つのプロセスを遵守することが大切!「プロジェクト・タイム・マネジメント」を効果的に行う秘訣

3つのプロセスを遵守することが大切!「プロジェクト・タイム・マネジメント」を効果的に行う秘訣

by country_boy_shane
 プロジェクトの納期管理を考えるうえで重要な考え方が「プロジェクト・タイム・マネジメント」です。プロジェクト・タイム・マネジメントとは、プロジェクト納期を守るための管理術であり、プロジェクトの効率を最適化することによって、追加負担を発生させることなく納期内に仕事を完全な形で仕上げるための手法になります。

 プロジェクト・タイム・マネジメントを実行するためには、どのような作業が必要なのでしょうか。今回は、プロジェクトを成功に導く「プロジェクト・タイム・マネジメント」のプロセスについて解説します。

1. プロジェクトに必要な作業を確認する

 プロジェクト・タイム・マネジメントとは、プロジェクトを最適化するための計画立案であり、プロジェクト全体がどのような工程で行われるのかをきちんと認識しなければ実行することは不可能です。プロジェクト・タイム・マネジメントの第一段階としてプロジェクトの全体把握に努め、必要とされる作業を確認し洗い出す必要があります。

 この段階で作業を洗い出しておかないと、最適な割り当てを行うことができなくなってしまい、必要な作業を抜かしてしまったり、作業を重複して行ってしまう可能性があります。プロジェクト・タイム・マネジメントの基本となるプロセスなので、丁寧にチェックしてください。

2. 処理能力を把握する

 プロジェクト・タイム・マネジメントでは、プロジェクトに使用するリソース配分を最適化することにより、短時間で効率よく作業することを目指します。そのためには、プロジェクトにかかわるメンバーの処理能力を正確に把握しておく必要があるでしょう。

 処理能力を正確に把握することができなければリソースの最適配分ができなくなり、作業に無駄やロスが発生してしまいます。処理能力を把握することで時間当たりの労働作業効率が最適化され、リソースを配分することができるようになるので、理想的な形でプロジェクトを進めていけるはずです。

3. スケジュールを作成する

 必要な作業と処理能力を確認したら、それぞれを考慮しながら時間を割り当ててスケジュールを作成します。このプロセスで重要視されるのは作業効率であり、時間当たりの効率が最適化するように時間を割り当てる必要があるでしょう。

 作業の順番を変える、重複する部分のある作業をまとめる等の改善を積み重ねていくことで、プロジェクトにおける時間当たりの作業効率が改善され、短い時間で高い成果をあげられるスケジュールが完成します。


 プロジェクト・タイム・マネジメントを実行することでリソースを追加することなくプロジェクトの作業時間を短縮することが可能になります。時間的余裕が生まれれば作業の質を高めることもできますし、プロセスにおける事故やトラブルに対する備えにもなるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する