1. 人材の最適配置がカギを握る!チームの成果を高める「タイムマネジメント」のコツ

人材の最適配置がカギを握る!チームの成果を高める「タイムマネジメント」のコツ

by @nelli.es
 チームで行う仕事の効率を上げるために役立つのが、タイムマネジメントです。タイムマネジメントとは、限られた時間の中で最大の成果を上げるための時間管理であり、最適な配置や配分を行うことで仕事の効率改善を目指す技術になります。

 タイムマネジメントをチームで行う仕事の改善に活用する場合、理想的な形でタイムマネジメントを実行することができればメンバー1人あたりの作業負担を減らしながらより短時間で仕事をこなせるようになるでしょう。今回は、チームでの仕事の効率を上げるタイムマネジメントのコツを紹介します。

分業を活用する

 タイムマネジメントが目指すのは、チームの労働力の最適な配分です。あらかじめチームをいくつかに分けて分業体制を確立しておくことで時間を無駄にすることなく最短で仕事を進めていくことが可能になり、 小さな仕事にチームの全力を注いで無駄を生むようなことが無くなるでしょう。

 また、全ての仕事には習熟度による慣れの問題が存在します。これは同じ仕事を続ける方が色々な仕事を担当させるよりも効率が良くなるということであり、チームの人材配置にとって重要な要素になります。

 タイムマネジメントを実行することでメンバーの能力を正確につかみ、グループ分けで仕事を分業して担当作業ごとに特化させることで、その仕事の専門家を生み出し、さらに仕事の効率を高めることができるでしょう。

プロセスを共有する

 全体の仕事のプロセスを管理し、必要な作業をすべて正確にメンバー全員が把握することができれば、仕事を完成させるまでの計画を理想的な形で考えることができるようになります。

 自分が担当している仕事が全体のプロセスの中でどこに位置付けられているものなのか、ということを意識しながら働くことでメンバーに当事者意識や仕事への思い入れがはぐくまれ、より効率よく仕事を進めていくことができるでしょう。

 また、メンバー全員がプロセスを共有しておけば、トラブルによる遅れが生じた時も、そのトラブルが全体の計画にどのような影響を与えるのかということをメンバー全員が正しく認識することができるため、トラブルの対処が速やかに理想的な形で行われることが期待できます。

コミュニケーションを活用する

 チーム作業では、管理者とメンバーとのコミュニケーションが重要になります。コミュニケーションを徹底することでメンバーが持つ問題意識や疑問点を共有することが実現し、更なる改善に向けたヒントとして活用することができるでしょう。

 また、コミュニケーションによってメンバーの状態を細かく把握しておくことで、不注意によるトラブルを未然に防止することが可能になり、計画に沿ってスムーズに仕事を進めていく体制が出来上がります。


 タイムマネジメントとは理想的な時間配分であり、メンバーの負担を減らすことにもつながります。タイムマネジメントの意義をメンバー全員が共有すれば、一丸となって仕事の改善に取り組む雰囲気が作り上げられ、メンバーの自発的な行動によるさらなる改善が期待できるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する