1. あなたは大丈夫?タイムマネジメントが上手くできない人の特徴と改善方法

あなたは大丈夫?タイムマネジメントが上手くできない人の特徴と改善方法

by t-miki
 タイムマネジメントが上手く出来ないという経験はありませんか。出来ることなら有効的にタイムマネジメントを行いたいですよね。ここでは、タイムマネジメントが上手く出来ない人の特徴とそれを改善する方法について述べていきます。

再認識・行動する

 タイムマネジメントが出来ていない人の中には、そもそも時間管理をするということを認識出来ていない人がいます。もしくはその重要性を理解はしているが、どうしたら良いか分からないという人もいます。

 まずは、タイムマネジメントというものを再認識してみましょう。タイムタイムマネジメントを行なう目的や重要性、タイムマネジメントそのものについて考え直してみてください。そして、自分なりに時間管理を最初から始めてみましょう。そうすることによって、時間を管理するという感覚が養われていきます。

優先順位をつける

 時間管理のできない人は、依頼された仕事や自分がやらなくてはならない仕事を何も考えないままに手を付けます。そうすることで、多くの時間を特定の仕事に費やしてしまって他の仕事に手が回らないなんてことも少なくありません。

 こうしたことを回避するために、まずは仕事に最低3段階ぐらいの優先順位をつけましょう。そして優先順位の高い仕事から手をつけ、それにはある程度の時間をかけ仕上げてみます。その一方で優先順位の低い仕事は、隙間の時間を利用して以前よりも少ない時間で終わらせるようにしましょう。そうすることで、締め切りに間に合わない仕事をなくすことが出来ます。

仕事と私生活の時間を区別する

 タイムマネジメントができていない人の中には、仕事と私生活の区別がはっきりとできていない人がいます。その区別ができていないために、仕事に追われ時間がなくってくると、残業や休日労働を行なって私生活の時間を犠牲にします。

 そのような状況を避けるためにも、仕事は仕事の時間内に終わらせるようにしましょう。終わらなかったら私生活の時間を使えばいいやという考えでは、明確な就業時間の目標が立てられないだけでなく、仕事を行なう時間が多くなるため疲労が蓄積してしまうことになります。そうすることで効率的に仕事を行なえなくなってしまいます。


 タイムマネジメントを上手にできない人にはそれぞれ特徴と原因があります。自分のタイムマネジメント方法に自信が持てない場合は、原因は何かを考えて上記のことを参考に改善してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する