1. 優先順位を頭の中に叩き込む!タイムマネジメントの改善のポイント

優先順位を頭の中に叩き込む!タイムマネジメントの改善のポイント

by Shoichi Masuhara
 仕事においてタイムマネジメントを導入すると、多くのメリットを生じます。特に、時間にルーズな人はタイムマネジメントによってその時間管理能力を改善することが期待できます。しかし、どのように改善を行えばよいのでしょうか。今回はその改善のポイントについて紹介していきます。

仕事のゴールに対する意識づけを行う

 仕事に期日があることを知っていても、業務をこなしている中での意識が薄ければ、時間にルーズになる原因の一つになります。そのため、それを常に意識することができるようにタイムマネジメントで仕事の進行管理を行うことは、時間意識の改善に繋がります。

 あとどのくらい時間があるのか、一つの作業にかけることができる時間はどれほど残されているのかが嫌でも目につくようにすれば、自然と気にするようになります。

優先順位を決められる

 時間にルーズであるということは、仕事の進め方においても優先順位の付け方に問題がある場合があります。それを前持って計画することができるのも、タイムマネジメントです。先にすべきことを把握しておくことは大切です。そして飛び込みで入った仕事をどのタイミングでこなせばよいのかも判断できるようになります。

 時間にルーズであると、とにかく飛び込みの仕事を先に進めてしまって、後々必要になる仕事を後回しにしてしまったり、逆に今行っている作業を終えるまで、緊急で入った仕事を置いておいてしまうこともありえます。それを回避することによって、効率の良い仕事の進め方をする事ができるようになります。

計画の修正ができるようになる

 仕事の進め方に修正が入ったときにも、柔軟に対応できるようになるのも、タイムマネジメントによって改善できるポイントです。全体の仕事の流れがつかめていないと、どう作業の順序を変えていけばよいのか手をつけることもできませんが、タイムマネジメントを活用することにより対応できるようになります。それによって仕事のペースが乱れて納期に間に合わなくなるといった事もなくなってきます。

まとめ

 時間にルーズになる理由は以上のように様々な要素がありますが、いずれにしてもタイムマネジメントの活用によって改善することが可能です。そのためには、目で見て把握できるという点が大きなポイントです。パズルを組み立てるかのような感覚で、時間調整もできますし、進行具合も把握できますので、順調に進んでいるのか遅れているのか、それも一目でわかることが大きなメリットになります。何よりも、残された時間を意識するようになるということが、時間にルーズな人にとっては大きな利点となるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する