1. 「終わりの時間」を明確に!仕事でタイムマネジメントを行なう際に気をつけたいコト

「終わりの時間」を明確に!仕事でタイムマネジメントを行なう際に気をつけたいコト

by Martinliao
 タイムマネジメントとは、時間あたりの生産性を高める時間管理のことです。成り行きまかせに仕事をするのではなく、明確な計画を立てて時間配分を考えた仕事をすることで仕事の効率がアップします。ここでは、仕事でタイムマネジメントを行なう際に気をつけたいことについて述べていきます。

有効なタイムマネジメント

 まず始めに、有効なタイムマネジメントの方法を紹介をします。まず、自分の行なうべき仕事の目標を設定し、緊急度と重要度に応じた仕事の優先順位づけなどをします。一日単位でタイムマネジメントを行う際は、朝のうちに一日の仕事のスジュールを立てるというのは効率よいマネジメント法といえます。

 そこで重要なことは「終わらせる時刻」をあらかじめ決めておくことです。そうすることでその時刻までに終わるように仕事の段取りを考えることができ、仕事にメリハリがつきます。

随時改善をする

 いくら前項のように有効なタイムマネジメントを行なっていても、課題や修正すべき点が必ず出てきます。その度に改善をして、タイムマネジメントを考え直すようにしましょう。仕事や周りの環境、時期によって状況は大きく変化してきます。

 自分の抱えている仕事内容や職場コミュニケーション、アイデアを考え出す時間等多くの課題が出てくるでしょう。その際には、別の部署で何をしているのかわからないというようなことがないように、お互いにコミュニケーションをとる努力をしたり報連相を徹底したり、ブレーンストーミングを導入する等のその状況にあった改善策を行ないましょう。

ストレスをためない

 タイムマネジメントを考える上でもっとも重要なことの1つは、ストレスをためないことです。ストレスがたまるとどうしても仕事にやる気を感じられなくなり、効率が落ちていってしまいます。日々の生活の中で、誰もが感じる小さなストレスを、簡単にできる自分なりの方法を見つけて、取り除くように心がけましょう。

 休憩時間はオフィスの外に出て仕事から離れてみたり、時間を区切って休憩時間をとって脳をリフレッシュしてみたりと、仕事中に行なえる気分転換の方法もあります。いくら計画があるからといってだらだら仕事を行なっていては意味がありません。メリハリのある仕事を心がけましょう。


 仕事を効率的に行いたいと思ったらタイムマネジメントを有効的に行ないましょう。しかし、最大限の効果を得るためには上記のことに気をつけてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する