1. デメリットも知っておこう!タイムマネジメントを意識しすぎると本末転倒な結果に!

デメリットも知っておこう!タイムマネジメントを意識しすぎると本末転倒な結果に!

by Party0
 ビジネスシーンにおいてタイムマネジメントが重要なことの一つとして挙げられます。タイムマネジメントを行なうことで生じるデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。そこで、ここではタイムマネジメントにこだわりすぎることで生じるデメリットについて述べていきます。

ストレスを感じる

 タイムマネジメントは多くの場合が目標を達成するために細かい計画が立てられています。しかし、トラブルが生じてしまったり予想以上に時間を要する仕事であったりと計画通りに進まないことも多くあります。そこでタイムマネジメントにこだわりすぎてしまうと、計画通りに進まないことにストレスや焦りを感じてしまいます。

 計画通りに戻さなくてはならないという危機感を感じてする必要のない残業をしたり、仕事と関係のない時間でもどうしたら計画通りに進めることが出来るのか考えるようになったりとプライベートの時間を割くことになってしまいます。そうすることで疲れが溜まってしまうことがあります。

予定変更の融通が利かない

 タイムマネジメントにこだわりすぎることで発生するデメリットとして次に挙げられることは、予定変更の融通が利かないことです。この時間にこれだけのことをやろうという計画我で来ているため、予期していなかった仕事の依頼や変更の際に柔軟に対応することが難しくなってしまいます。

 さらに、頼まれた仕事を断ることが増えたり誘いを断りがちになってしまうため、職場の人間関係にも影響を与えてしまうことがあります。


 上記以外にもタイムマネジメントにこだわりすぎることによるデメリットがあります。何事にもバランスは重要です。タイムマネジメントも上手に行なえば最大限の効果を発揮します。あまり計画に執着することなく、あくまでも柔軟に目安としてタイムマネジメントを行なうようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する