1. 自分に適した「目標」を立てつつ仕事を効率化!タイムマネジメントの原則

自分に適した「目標」を立てつつ仕事を効率化!タイムマネジメントの原則

by Ian Sane
 仕事を行う上でのタイムマネジメントの重要性は常に指摘されています。チームのメンバー1人のタイムマネジメントが悪いことによって、仕事が遅れると、プロジェクト全体にその影響が及ぶこともあるでしょう。

 仕事が順調に進むと、気持ちも明るくなりますし、やる気もでてきます。このように、仕事をする上で大切なタイムマネジメント。今回は、そういったタイムマネジメントを行う上で、押さえておくべき原則について紹介していきます。

1. 原則は「目的」と「目標」

 タイムマネジメントの原則として、目的や目標をしっかりと決めることが大切です。そして目標の設定にはじっくりと時間をかける必要があります。以下に、目標を設定する上で気をつける事を述べます。

・他人が見ても分かるように具体的に数値で示すこと」
・いつまでに完成すると言う期限を設定すること
・目標を、途中経過ではなく結果で示す
 
 すぐに実現するものだけを目標とするのではなく、ある程度高い目標に敢えてチャレンジすることも重要です。

2. ストレスがたまる場合は要注意

 「1」で示したことを実行することで、仕事にストレスを感じるという人は気をつけるようにしましょう。ストレスがたまるようなことはタブーです。人によっては、「簡単なものから着手する」よりも「重要なものから着手」したほうがやりやすい人もいるでしょう。また、睡眠時間を削って時間を確保することをいとわない人もいるかもしれませんが、精神的に疲れてしまう人は、睡眠はしっかりと取る必要があります。

 また、期限を気にしながら仕事をすることを好まない人は、あまりスケジュールをつめこまない計画を立てて仕事をするのも1つの方法と言えるでしょう。肉体的、精神的な個別差を考えると、どのような方法で仕事に取り組めばいいのかは一概には言えません。自分にあったタイムマネジメントを行うことが重要です。

3. タイムマネジメントの留意点

 タイムマネジメントを行う上では、時間の使い方とその配分を考える必要があります。まず、時間の使い方として、仕事に優先順位をつけましょう。タイムマネジメントのキーポイントになるのが、「緊急ではあるが重要ではない」仕事です。この仕事をいかに早く終わらせて、「緊急ではないけれど重要な仕事」に力を注ぐことができるかによって、タイムマネジメント力が問われます。

 優先順位の高い、重要な仕事に特化して、その他の仕事にかける時間を節約など効率的な時間の使い方をすることで、高い成果を上げることができます。


 タイムマネジメントには原則がありますが、ただ、やみくもに高い目標を設定しても、失敗するのは目に見えています。自分の性格をよく理解した上で、少し頑張ればできるぐらいの目標がよいでしょう。

 ストレスをためてしまうと、どうしても仕事が嫌になり、人によっては転職したいなどと思ってしまいかねません。そうならないように、自分の心に負担がかかるようなタイムマネジメントを考えましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する