1. 部下を育てる気持ちが肝心!管理職がタイムマネジメントを行なう際に知っておきたい注意点

部下を育てる気持ちが肝心!管理職がタイムマネジメントを行なう際に知っておきたい注意点

by 柏翰 / ポーハン / POHAN
 職場でのタイムマネジメントができるかできないかで、その職場が活性化するかしないかが決まっていきます。その中でも多くの部下を抱える管理職がタイムマネジメントをしっかり行なうことが必要です。ここでは管理職がタイムマネジメントを行なう際に気を付けるべき注意点について述べていきます。

部下とのコミュニケーションを忘れない

 管理職の人は自分の抱える多くの部下と日頃からコミュニケーションをとるように心がけましょう。タイムマネジメントで大切なことは、ワークとライフのバランスを適切にとることです。そのためにも、部下が今の現状はどういった環境におかれているのかということを知る必要があります。そして、業務でどのような悩みを抱えているのかということを知ることも大切です。

 そのためにも、まずは基本的な挨拶を忘れないようにしましょう。そして、普段何気なく行なうおしゃべりの中から部下について理解出来るようにしましょう。

業務を可視化する

 次に、「どの部下がどの業務を行っているのか」ということをきちんと把握しましょう。誰がどの業務を行っているのかがわからないと、職場内でサポート体制をとることもできなくなってしまいます。仕事が見えるようになれば、その業務の進捗状況もわかり、さらに、業務の割り振りなどを考えるきっかけにもなります。

 そして、さらにメンバー全員で業務を見えるようにできれば、業務を滞りなく遂行できるようになります。そうすることで何か問題が生じた場合でも、関係者全員ですぐに取り組めるようになります。社員に誰がどの業務を行なっているかが分かるように、エクセルを使って共有をしたり、会議の際に公表する等の方法があります。

タスク管理の習慣をつけさせる

 効率的に仕事をし、家庭や自分の時間を確保して良い職場を保つためにも、タスク管理の習慣を部下につけさせるように注意しましょう。タスク管理をきちんと行うことで、部下自身が自分で自分の業務を見直すきっかけを作ることができます。そして、次にどうしたらもっと効率的に業務を行うことができるのかという改善策を考えせることが出来、部下のスキルアップにつながっていきます。


 管理職で部下を抱えている方は上記のことを参考にタイムマネジメントを行い、仕事の効率化を目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する