1. Adobe製品を使いこなせ!Web担当者なら使えなきゃいけないソフト3選

Adobe製品を使いこなせ!Web担当者なら使えなきゃいけないソフト3選

by PennPal
 Web担当者ならば、Adobe製品を使いこなせて当然という風潮があり、PhotoshopやIllustratorなどが使えないとそれだけで風当たりが強いです。

 そこで、今回はこれだけは絶対に使えるようになっておきたいAdobe製品3つを紹介したいと思います。

1.Photoshop

 まず一つ目は、おなじみのPhotoshopです。写真の編集以外に、ホームページのカンプ作成などにも使用されます。最初はとっつき辛いインターフェースですが、慣れてくると使い勝手が良く、非常にポテンシャルの高いソフトになります。

 このソフトが使えるようになると写真を使ったバナーの作成や、広告を自作することができ、様々な案件に対応できるようになります。

2.Illustrator

 次は、Illustratorです。こちらも有名なソフトですね。Photoshopとは対照的に写真以外の画像を編集したり、ロゴの作成、チラシのデザインなど幅広い用途があります。ベクター画像を扱うため、Photoshopと違い縮小拡大に強い画像が作れるのが強みですね。

 使いこなせればこれ一つでデザインを全てしてしまうことも可能であり、非常にクリエイティブな仕事をこなすことができるようになります。

3.Dreamweaver

 最後に紹介するのは、Dreamweaverです。Photoshop、Illustratorと並んでWebデザイン3種の神器と呼ばれることもあるソフトです。これは上記の二つのソフトとは違い、コーディング用のソフトで、HTML、CSSからJavascript、SQLまで様々な言語に対応し、コンパイルなども全部ソフト上で行ってくれる素晴らしいソフトです。

 最近は他のエディタも人気が出ていますが、Web業界ではまだまだDreamweaverが根強く、今から使い始めても全然問題ないソフトです。


 以上3つのAdobe製品をみてきましたが、Adobeにはまだまだ魅力的なツールがたくさんあります。最近はCC(クリエイティブクラウド)化しているため、登録すれば全てのAdobe製品を使う事ができます。是非登録して他のツールも使ってクリエイティブに仕事をしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する