1. 【時代の最先端はこれだ!】グロースハッカーとエンジニアの違いとは?

【時代の最先端はこれだ!】グロースハッカーとエンジニアの違いとは?

by Freaktography
 最近、よく耳にするワードの一つに「グロースハッカー」という言葉があると思います。シリコンバレーで流行しつつあるということは分かっても、その正体については知らない方も多いと思います。一体、グロースハッカーとは何なのか、またエンジニアとはどう違うのか、今回はそれについて一緒に見ていきましょう。

グロースハッカーとは

 まず、グロースハッカーとは何なのでしょうか。実際、まだまだ詳しく定義されている概念ではありませんが、一つだけ言えることは、サービスやプロダクトをグロース(成長)させていく人材であるということです。グロースさせるというのは具体的に、製品のマーケティングや、会社全体の課題をクリエイティブに解決する方法を模索し、実践することです。

 つまり、会社全体において無くてはならず、しかも一人で全てを遂行するスーパーマンのような人材を指します。

エンジニアとの違い

 また、グロースハッカーとエンジニアはどう違うのでしょうか。狭義的ではありますが、エンジニアはエンジニアリングだけを担当するのに対し、グロースハッカーはエンジニアリング以外にもマーケティングなどの様々な分野にまたがって仕事をこなす人を指します。


 ここまで、グロースハッカーについてその片鱗を垣間みてきましたが、どうだったでしょうか。実際、まだまだ定義不足感が否めないグロースハッカーですが、シリコンバレーでの流行を考えると数年後には全世界で流行する職種になるのかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する