1. 雨天時の悩みを解消!梅雨の時期にオフィスに常備しておくべきもの

雨天時の悩みを解消!梅雨の時期にオフィスに常備しておくべきもの

by imgdive
 朝の出勤時には晴天だったのに帰宅するときには大雨、ということは梅雨の時期にはよくあることです。傘を持たずに家を出てしまった時には、コンビニで傘やタオルを買ったりするのは手間もかかりますし、それが度重なると出費も大きくなります。

 ここでは、雨の多い時期にオフィスに常備しておくべきものについてご紹介していきます。

1,折り畳み傘

 上記の通り、一番困るのは急な雨の場合です。そのような時に備えて、オフィスの自分のデスクのところに必ず折り畳み傘を常備しておくようにしましょう。

 これは、帰宅時の急な雨だけではなく外回りをする際やちょっとした外出時などに雨が釣ってきた時にとても重宝します。あくまでもスペアとしての傘なので、サイズや品質にはそこまで拘る必要はないでしょう。

2,タオル

 タオルは折り畳み傘と同じくらい重要なオフィス常備アイテムです。通勤中の雨で濡れてしまったカバンやスーツなどを拭くときにも必要でしょうし、体を拭くときにも役立つでしょう。

 これをハンカチで代用する人もいますが、ハンカチは大きさや吸収性の面で劣るため、雨用としては大きめのスポーツタオルなどが望ましいと考えられます。ハンカチは手を拭く際や汗を拭う時に使いましょう。

3,除菌・消臭アイテム

 雨の時に厄介なのが、乾く時に出る臭いです。湿気と暑さが混ざった時のジメジメした臭いは、自分だけでなく周りの人も不快な気分にさせてしまいます。

 その嫌な臭いを防ぐために、霧吹き型の消臭剤などもオフィスに常備しておくとよいでしょう。オフィス内の湿度も高くなるでしょうから、濡れたままにしておくとオフィス全体の空気も重くなります。除菌効果のある消臭剤を常備しておくだけで、それを防ぐことができるので良い効果があるのではないでしょうか。

 以上3点が、必ずオフィスに常備しておきたいアイテムです。もうすぐ来る梅雨に備えて、今から準備しておいてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する