1. 月1で有給休暇はダメ?仕事の休みの頻度にまつわる知識

月1で有給休暇はダメ?仕事の休みの頻度にまつわる知識

by yto
 仕事を行っていく上でいったいどのくらいの頻度で休みをとるのが良いのだろうかと疑問に思ったことはありませんか。ここでは、仕事の休みの頻度にまつわる知識ついて述べていきます。

月に4〜5回、週に1回が原則

 労働基準法に少なくとも毎週1日の休日か4週間を通じて4日以上の休日を与えなければならないとの記載があるように、多くの企業ではこの最低週休1日の制度を導入しています。1週間休みなしで働き続けることはあまり良いことではありません。最低でも週に1回の休みをとれるようにしましょう。

休みが多いと感じる頻度

 有給休暇をいつどのタイミングで使えば良いかについて考えたことはありませんか。いくら各個人に保証されている休暇であるとはいえ、同僚や上司に「あいつ最近休み過ぎていないか」と思われ悪い印象を与えることは避けたいですよね。

 会社や職種、さらに個人の役職によって有給休暇に対する捉え方が違っています。だからといって保証されている10日間を一気に使用してしまったのでは、回りの人に大きな迷惑がかかってしまいます。その会社に応じた休暇のとり方を心がけましょう。

結局は人それぞれ

 上記のように休みに関する一般的な頻度や周りの目や会社の空気、風習というものは数多く存在しています。

 しかし、それぞれが感じる疲労やストレスには個人差があります。休みというのは疲れを癒す等の仕事から離れる必要がある時にとるべきものです。人によっても、またその時のその人のコンディションにより様々です。人間に関わる問題なので、機械的に週何回が適切と言い切れないのが現実です。自分に必要な休みの頻度と他の人のそれでは違うということを忘れないようにしてください。


 上記のことを参考に、それぞれにあった休みの頻度を心がけてください。くれぐれも自分の常識だけを人にも当てはめることのないように気をつけてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する