1. いきなりの雨に備える!梅雨対策に取り入れたいビジネスシューズの選び方

いきなりの雨に備える!梅雨対策に取り入れたいビジネスシューズの選び方

  • 9559views
  • 0fav

by VinothChandar
 これから夏に備えて、梅雨という憂鬱な時期にさしかかります。ビジネスマンにとって一番困ることは、靴が雨に濡れてしまう事ではないでしょうか。ここでは、雨の日でも快適に過ごせるように、梅雨対策のビジネスシューズの選び方について紹介していきます。

防水加工がしてあるかどうか

 やはり最も重要なポイントとして、防水加工がしてあるかどうかという点が挙げられます。その際は、人口革を選ぶと良いでしょう。

 天然革だと、見た目は良いのですが吸収性が良すぎるためにすぐに革が伸びてしまい変色も起きてしまいます。人口革であれば、撥水加工もあるので中に水が染みこむこともなく済みます。

湿気を靴の中から逃すもの

 雨が靴の中に染み込んだ時の悩みとして、臭いがあります。濡れた足が革靴の中で蒸されると、どうしても臭いを発生させてしまうため不快感を感じることがあります。

 それを解消するためには、なるべく放湿性の高いものを選ぶことをおすすめします。想像しやすいのがメッシュ素材のものですが、ビジネスシューズとなると天然皮のものが通気性が良く湿気を溜めずに済みます。

 これは上述と矛盾してしまいますが、そもそも雨に濡れないように対策をするのか、それとも濡れてからの臭いの対策をするのかどちらかを選択しなければいけないのかもしれません。あとは、インソールを通気性の良いものに変更したりするというのも1つの方法です。できるだけ快適な状態で靴を履いていられるように、様々な方法を試してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する