1. 知ったかぶりにサヨウナラ!初心者が仕事で使う「広告用語」を学ぶために押さえておきたい書籍3選

知ったかぶりにサヨウナラ!初心者が仕事で使う「広告用語」を学ぶために押さえておきたい書籍3選

by _Pek_
 ビジネスでは覚えなければならない用語や単語が様々ありますが、特に広告業界は覚える用語が多いことで有名です。何となく聞いたことはあるけれど、きちんと意味を理解していないという人は多いのではないでしょうか。ここでは、広告用語を学ぶ上で押さえておきたい書籍を紹介します。

1. 広告用語辞典

 こちらの本は、広告用語を勉強する上で確実に押さえておきたい本と言えるでしょう。1200語も用語が掲載されており、初心者ならずとも入社3年目くらいの人まで手にしておきたい書籍です。

 辞典ですので、自分の机に置いておき分からない単語があったら手にとって調べてみるという使い方も出来るのでオススメです。

2. 最新!よくわかるインターネット広告 ウェブビジネスを加速する12の手法

 こちらの本は、インターネット広告に関する知識が網羅されている本です。12種類の広告について、仕組みや特徴、課題、などについて詳細に述べられているのでネット広告に関しては、この1冊を押さえておけば問題ないと言えるでしょう。

 広告の用語で訳が分からなくなってしまう人の多くは、ネット広告に関することですので、知ったかぶりにならないよう、きちんと理解しておくようにしましょう。

3. 検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書

 最後に紹介するのが、SEOに関する基礎知識が学べる本です。ネット広告を学んでいく上でSEOは欠かせない知識と言えます。こちらも躓きやすいポイントですので、しっかり本を読んで知識をインプットしましょう。

 こちらの本は検索エンジンの仕組みからキーワードの選び方まで網羅されているので、まずは手にとって読みたい1冊と言えます。


 以上、広告用語を学んでいく上で押さえておきたい書籍を紹介してきました。人から聞いて教えてもらのも良いですが、忘れてしまった時にいつでも見返せるよう、ここで紹介した書籍は最低限持っておくと良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する