1. 「会社の目的に沿った提案」をするために知っておきたい3つの提案方法

「会社の目的に沿った提案」をするために知っておきたい3つの提案方法

by saitowitz
 会社の目的に合った提案をすることは、非常に重要です。しかしながら、会社の目的に合った提案ができていない方が以外と多い気がします。こういった方の多くは、おそらく会社の目的がはっきりと認識できていないため、会社の目的に合った提案ができていないのだと思います。

 では、どのようにして会社の目的を認識すれば良いのでしょうか。また、どのように、会社の目的に合った提案を行えば良いのでしょうか。以下では、会社の目的を3つ細分化した視点で見ていきたいと思います。

1.日々の業務を通して提案する

 会社の目的は、会社組織が大きいが故に見えにくいことがあります。最初から会社という大きなものを通して見るのではなく、細分化された小さなものを通し会社の目的を認識してはどうでしょう。

 まずは、日々の業務を通して見ていきましょう。目的の認識といってもそれほど深く考える必要はないと思います。まずは、自分が日々行う業務にどういったものがあり、その業務がどういった理由により存在し、行われているか考えてみると良いと思います。そしてその中で、改善した方がよいということがあれば、それが会社の目的に合った提案になるでしょう。

2.上司を通して提案する

 ほとんどの上司が、自分よりも会社の目的をもっと認識できていると思います。ですので、上司を通して会社の目的の認識をはかるのも良い方法だと思います。まず、単刀直入に上司に会社の目的、上司の今行っている仕事の目的、そして、上司から自分に割り振られた仕事の目的をきいてみると良いと思います。

 そしてその上で、今一度自分の業務目的を見直し、上司の行っている仕事目的や会社の目的を認識してみると良いと思います。そこで、ここをこうした方が良いといったことが頭に浮かんで来れば、それが会社の目的にあった提案になります。

3.顧客を通して提案する

 顧客あっての会社の訳ですから、その会社の目的は顧客を満足させるものでなくてはならないと思います。そう考えると、顧客を通しても会社の目的は見いだせ、会社の目的に合った提案を行うことが可能です。特に親しい関係にある顧客に、我が社に期待していること、そして、その社員である自分自身に期待していることを聞いてみると良いでしょう。そこで顧客から聞いたことが、会社の目的にあった提案につながることになります。


 以上3つの提案方法を見てきましたが、重要なのは会社の目的をしっかりと認識することです。そして、改善すべきことを見つけたらどんどん提案していく姿勢が会社をより良くするために大切になっていきます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する