1. 残業時間を最小限に抑える!タイムマネジメントを行う上で押さえておくべき3つの考え方

残業時間を最小限に抑える!タイムマネジメントを行う上で押さえておくべき3つの考え方

by Grand Parc - Bordeaux, France
 仕事を効率良く進めていくためには、「タイムマネジメント」が大切です。しかし、早く仕事を進めたいがために、何の予定もなく仕事に取りかかってしまうという人も多いのではないでしょうか。ここでは、タイムマネジメントを行う際に押さえておきたいポイントを紹介します。

1. 優先順位をつける

 特に会社などでは、重要な事、緊急で済ませなくてはいけないことなど次から次へと仕事が舞い込んできます。その順番を誤ることによって、仕事ができない人というレッテルを貼られてしまう事もあります。瞬時にこれはいつまでにどうすれば良いかという判断能力をつけるクセをつけるようにしましょう。

2. 仕事を見えるようにする

 あなたが1週間、1か月、1年と仕事をする上で、大体どのようなサイクルでどのような仕事をしてきているか、働き方の定量データを集めて、時間の使い方が良く成功をおさめた場合、残念ながら時間の使い方が悪くてうまくいかなかった場合などを洗い出してみましょう。

 仕事が滞ってしまった時の原因は何かを具体的に分析し、詳細にすることで仕事が回らなくなってしまう原因が見えてくるはずです。

3. 他人に任せられることは任す

 有名になった社長などによくある話ですが、自分が出来ないことはその道のエキスパートに頼ったり、任せてしまう事によって、自分が使える時間を増やしています。もし他の人に任せることができる、自分でなくてもできるような仕事は全部自分で抱え込んでしまうのではなく部下や同僚に任せましょう。


 いかがでしたでしょうか。タイムマネジメントを行う上で絶対におさえておきたい考え方を身につけることによって、上手に時間の配分ができ、残業なども極力減らすことが可能となってくるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する