1. ビールとおむつは同時に買われやすい?マーケティングにおける相関関係の重要性

ビールとおむつは同時に買われやすい?マーケティングにおける相関関係の重要性

by Joel Olives
 マーケティングについて勉強している人は、「ビールとおむつは同時に買われやすい」という話を聞いたことがあるのではないでしょうか。このような関係を相関関係と言います。ここでは、ビールとおむつのような、マーケティングにおける相関関係について紹介していきたいと思います。

「ビールとおむつ」の意味

 まず、マーケティングにおける「ビールとおむつ」の意味を解説していきたいと思います。アメリカの大手スーパーのウォルマートは、マーケティングの際に、いち早くデータ分析を取り入れました。顧客の購買データを分析した結果、おむつを購入した人は、ビールも同時に買う傾向があるという結果が導き出されたそうです。このように、一見関連のないような商品に購買行動的に関連性があることのエピソードとして、ビールとおむつが有名になりました。

データ分析によって相関関係を調べる

 マーケティングにおいて、データ分析の重要性は高まっています。ビールとおむつではありませんが、ある商品と、別の商品が同時に買われることが多いということは、データ分析の中の相関関係を調べることによってわかるのです。相関関係があれば、その商品同士を上手く配置したり、クーポンを配ることによって、顧客の購買意欲を高めることができるでしょう。相関関係はマーケティングにおいて購買意欲を高めるという意味で重要になります。


 ここでは、ビールとおむつのようなマーケティングにおける相関関係の重要性を紹介しました。商品間の関係を見つけ、より効果の高いマーケティング施策を目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する