1. 企業の本音を聞き出す!面接の時に仕事のイメージを明確にする「逆質問」の仕方

企業の本音を聞き出す!面接の時に仕事のイメージを明確にする「逆質問」の仕方

by Sekikos
 面接において逆質問は、実際の企業の環境や詳しい仕事の内容について知るのに絶好のチャンスです。相手から与えられた情報以外に自分の知りたい仕事についての話を聞くことにより、自分が志望している企業で働くイメージもより描きやすくなります。



面接において出来る事

 
面接は、企業側がある流れに沿って進めていく事がほとんどです。当然、判断するのに聞かなければならない必須の質問もあれば、面接をしている途中で企業側の面接官が急に思いつく事もあるでしょう。

 いずれにしても、聞かれた事に対して明確に答える事は必須です。また、もしも想定外の事で何を答えればよいのか判らない場合には、正直に「申し訳ありませんが分かりません」と答える事も出来るでしょう。企業は誠実な人材を探しています。同じ様に、就職させてほしい側だって、誠実な企業を求めているでしょう。ここで役立つのは逆質問です。



面接時の逆質問への対応

 多くの面接では、一番最後に「こちらからは以上ですが、何かこの機会に聞いておきたい事などはありますか?」と声をかけてくれる事があります。

 もちろんそうではない場合もありますが、この時はこちらから逆に企業へ質問して良い機会を与えられています。面接を受けている側もお互いがマッチングする会社に入りたいのですから、この機会を上手に活かしましょう。



企業への踏み入った質問

 面接時に自分が聞きたいことがあったとしても、「これを聞いてしまったら面接に落ちてしまうかもしれない。」「採用されれば後日質問すれば良いだろう。」と思いなかなか逆質問が出来ないという人もいるでしょう。

 しかしこの場で面接官に質問をしておくことはとても重要です。入社してから、こんなはずではなかったと思わないためにもきちんと聞きたいことは聞いておくようにしましょう。

 この際の注意は、あくまでも相手に失礼のないような気遣いで質問することです。たとえば、「給料が上がることはありますか?」という質問ではなく「私は御社で成長することでより多くの成果を残したいと思っています。御社では社員のスキルアップに対してはどのようにお考えですか?」といったような目的や理由に筋が通った質問にしましょう。


 面接では採用を意識するあまり、なかなか本音で話し合うということも難しく感じます。しかしながら、面接官も入社をすれば同じ会社のチームメンバーです。初めに出会う会社のメンバーだと思って、きちんと双方でコミュニケーションをとることが面接でも大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する