1. 任せてくださいはNGワード!仕事を頑張り過ぎて疲れを溜めないようにする方法

任せてくださいはNGワード!仕事を頑張り過ぎて疲れを溜めないようにする方法

by Kanko*
 つい仕事にやる気が湧いてきて頑張り過ぎてしまったことはありませんか。頑張りすぎると自分でも知らず知らずのうちに疲れが溜まってきてしまうものです。ここでは、仕事をつい頑張りすぎて疲れてしまわないように自己対処できる方法について述べていきます。

私に任せてくださいは危険信号

 ついつい仕事を全て引き受けてしまうという人はいませんか。「誰かにやってほしい」と言われたらすぐに「私に任せてください!」と言ってしまう人は少なくないはずです。

 仕事にやりがいを感じていてやる気があるという点は大変評価すべき点です。しかし、それが結果的に悪い方向に向かうことのほうが多くあります。自分の許容量を考えて仕事を引き受けましょう。

他の人にお願いする勇気を持つ

 仕事をつい頑張りすぎて疲れてしまう人の大半はすべて自分で背負ってしまう場面が多く見られます。手持ちの仕事で手一杯なのに断れきれず引き受けてしまい、時間内で終わらせられることができず残業をしたり、私生活の時間を仕事に費やしてしまうことがあります。

 残業をしたり私生活の時間を仕事に費やすことで、プライベートの時間が減ってしまいます。人には休憩時間が大切です。他の人に任せる勇気をもつことで公私共に充実した生活を送りましょう。

疲れてしまったら

 それでも上記の方法を取る前に、自分が仕事で頑張りすぎて疲れてしまったと感じたら、とにかく直ぐに休みましょう。疲労度というのは個人によって差はありますが、体力的な疲労が一気に無気力に変わり心に何らかの疲れを感じるようになったら危険信号です。

 頑張りすぎると、必ずどこかで不都合が出てきます。休みを取りながら頑張るなら良いのですが、つい頑張りすぎてしまう人はブレーキが利かない人が多いです。疲れたと感じたら絶対に無理はせず、半日でも休みをとってください。


 人生の内多くの時間を仕事に使います。そんな仕事だからこそ上記のことを参考に頑張りすぎないで、疲れを溜めないようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する