1. その媒体では効果が出ないかも!?マーケティング戦略の一環として「広告」を出す時の媒体の選び方

その媒体では効果が出ないかも!?マーケティング戦略の一環として「広告」を出す時の媒体の選び方

by 20after4
 広告はマーケティングにおける重要な手法の一つです。マーケティングといえば広告、という認識もあるほど重要度の高いものとして認知されていますが、マーケティング戦略の効果を最大限発揮するためには広告の媒体選びが重要な意味を持ちます。

 最適な媒体を選ぶことでコストをかけずに高いマーケティング効果を上げることが可能になります。今回は、マーケティングの一環として広告を出すときの媒体の選び方について解説します。

ターゲットを意識する

 マーケティングの一環として広告を出すときの媒体を選部時に重要なのが、マーケティング戦略で設定しているターゲットです。ターゲットによって最適な広告媒体は異なり、同じコストをかけたとしても得られるマーケティング効果は大きく異なります。

 サラリーマンをターゲットにマーケティングを展開するならば、サラリーマンが目にする機会の多い通勤電車の中づり広告や新聞広告などが有力な媒体になりますし、若者をターゲットにするのであれば、スマートフォンの広告やファッション雑誌の広告などが最適な媒体として挙げられるでしょう。

 どんなに魅力的な広告を出したとしても、その広告が想定されているターゲットに届かなければ、広告によるマーケティング効果は期待できません。広告媒体によって想定されるターゲットは異なりますから、媒体ごとの顧客層を認識することが最適の媒体選びに繋がります。

特性を理解する

 広告媒体と一口に言っても、それぞれがもつ特性は異なります。特性とは「媒体がどのような形で消費者に広告を届けるか」ということに密接なつながりがあり、商品展開の計画によって最適な媒体は異なるでしょう。

 大規模な広告マーケティングを実行したいときは、テレビや新聞など大規模な広告が有効です。大手企業の新商品のマーケティングではイメージ戦略も重要になりますが、大規模な媒体で広告展開をすることで、消費者に強いインパクトを与えてイメージ形成を成功させることができます。

 しかし、テレビや新聞のような大規模な媒体を使用する場合、本来想定しているターゲット以外にも広告を展開するという副作用が生じます。

 これはターゲットの拡大にも一定の効果を発揮しますが、ターゲットを絞り込んで広告展開を行うことが不可能なため、必要な人にだけ広告を届けることができないという欠点もあるのです。媒体は大きければいいというものではありません。商品特性と媒体の特性を理解して、最大の効果を上げる組み合わせを見つける必要があります。

コストを考える

 大規模な媒体で広告を打てば、当然それだけコストがかかります。広告にかかるコストは安いものではありませんから、なるべくターゲットに的確に広告を届けられる媒体を選択し、コストを安く抑えるための努力が必要になるでしょう。


 広告はマーケティングの基本であり、もっとも大きな影響を与える要素です。現代は広告社会といわれるほど重要な位置を占める広告ですが、媒体選びを間違えば効果は半減してしまいます。最適な媒体を選んで効果的な広告を目指してください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する