1. 成長したい人には魅力的!ベンチャー企業で働くメリット

成長したい人には魅力的!ベンチャー企業で働くメリット

by alandot
 ベンチャー企業は設立して間もない企業のことです。大手企業に就職し安定した生活を送った方が良いのではと考える人も多いですが、ベンチャー企業にはベンチャー企業にしかない魅力もあります。ベンチャー企業で働く利点とはどんなものでしょうか。

好待遇の可能性

 ベンチャー企業のメリットの1つは好待遇の可能性です。特に転職組の人なら会計のスキルや営業スキル、または人事のスキルを持っているとすぐにでも重要なポストに置かれます。そしてベンチャー企業の社長もその人材を手放したくないと思い、給料からボーナスまで他の社員と比較しても高額な報酬を貰えます。

 新入社員で場合も、結果によってはすぐに役職を与えられます。大手であれば年功序列が基本のため、すぐには昇進せず、給料も変動することはないので結果さえ残せばベンチャーの方が有利です。

 ただし、結果が残せない人材はすぐに切り捨てられる可能性もあります。大手企業と異なり人材を育てている余裕がないベンチャー企業にとって使えない人材ほど負債なものはありません。

チャンスや学ぶ機会が多い

 大手企業に勤めると挑戦するチャンスが少ないことがあります。新入社員はまず先輩社員と一緒に学ぶため、自分の裁量で動くことは難しいです。しかし、ベンチャーであればどんなに小さなアイデアで採用のチャンスがあります。そのため社長からもどんどんアイデアを出せと言われ続けます。

 また、今後企業経営したいと考えている方にとっても良い環境です。社長や幹部の近くで、どのようにして経営をしているのか等の経営の基本的な動作を学ぶことができます。


 安定性、生涯を通しての給与を見ると確かに大手の方が確実かもしれません。しかし、上記のように十分な魅力がベンチャー企業にはあります。興味がある人は狙ってみてもよいのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する