1. やはり基本を大切に!仕事での人間関係を円滑にする方法

やはり基本を大切に!仕事での人間関係を円滑にする方法

やはり基本を大切に!仕事での人間関係を円滑にする方法 1番目の画像
by We Make Noise!

 仕事をするにおいて大切なのは優れた才能や技術などの個人の能力だけではありません。企業に勤める人にとっては、職場の人間関係が円満であることも大事な要素の一つです。ここでは、仕事で円滑な人間関係を築く方法について述べていきます。

基本は挨拶

 良い人間関係を築く上で、挨拶を交わすことは基本中の基本です。挨拶を交わすと言う行動は相手に対する好意を示すもっとも効果的な行動ですので、積極的に行っていきましょう。

 逆に挨拶をしないと言う行動は、相手を無視するのと同じで悪い印象を与えてしまいます。なかなか心を開いてくれない相手でも、気持ちの良い挨拶を続けることで、やがて相手が心を開いてくれるでしょう。「おはようございます」「お先に失礼します」などのたった一言が人間関係に及ぼす影響力は想像以上のものだと知っておきましょう。

相手の時間を尊重し感謝の気持ちを伝える

 仕事で分からないことがあったり資料の確認をお願いしたりなど他人の時間を割いてもらった時に、それを当たり前だと思ってはいけません。忙しいのはお互い様ですし、なによりあなたに質問されたことによって、相手はいったん仕事を中断しなければならないのです。

 「お忙しいところに申し訳ありません」など相手の時間を割くことに対して一言添えるだけで、相手も気持ちよくあなたの話を聞いてくれます。そして「ありがとうございました」と感謝の気持ちを述べることも忘れてはいけません。感謝をしていない人を助けようとは誰も思わないものです。常に感謝の気持ちを持って相手に接することで、気持ちの良い人間関係が築けます。

報連相(報告・連絡・相談)を怠らない

 仕事をする上で報連相は絶対に怠ってはいけないことです。仕事の報告や連絡をしない人間や相談せずに勝手な行動をとる人間は信用されません。報連相を徹底しましょう。

 必要な連絡はまめに取ることで相手から信頼されるようになり、円滑に仕事が進みます。また分からないことや困ったことがあったときには、きちんと相談してから対応をすることでミスを事前に防ぐことができるので信用され、結果的に良い人間関係が築けます。

 いい人間関係を築くためには、挨拶や感謝、報連相などのコミュニケーションが大切であることが分かっていただけたでしょうか。以上のことを日々心がけて良い人間関係を築くことで、仕事が円滑に進むようになりますので実践してみてください。



風通しの良い職場で働きたい!人間関係に悩み続けているなら「転職」を考えてみる

やはり基本を大切に!仕事での人間関係を円滑にする方法 2番目の画像

 働く上で「対人関係の悩み」は付き物だ。

 パワハラやセクハラなどといったハラスメント関係の悩み、人とのコミュニケーションが上手くいかない、社内の雰囲気と性格が合わない——「対人関係の悩み」と一言で表しても、その背景にある原因は人それぞれ。 

 独力で解決できる対人関係の悩みもあれば、放っておくと精神的に追い込まれてしまうような対人関係の悩みもある。

ストレスが限界まで溜まると「選択肢」が狭まる

 対人関係のストレスが限界まで溜まり、「うつ病」「自律神経失調症」「胃がん」などの病気にかかると、転職活動をする余裕すらなくなってしまう。

 そのため、少しでも思考が働くうちに“転職活動”を始めてみることをオススメしたい。

 転職活動を行うエネルギーが残っていない、転職をすることへの自信を喪失してしまう、長期間の休職によってキャリアに傷がつき転職しづらくなってしまった……など、ストレスを放置することは、人生・キャリアにおいて非常にリスキーなことなのだ。

 ストレスが限界値を突破する前に、まずは転職エージェントに自分のキャリアについて相談してみよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する