1. 企業が成長するカギはここしかない!新規顧客の獲得に向けた「企画書」に必要な3つの要素

企業が成長するカギはここしかない!新規顧客の獲得に向けた「企画書」に必要な3つの要素

by seier+seier
 企業が継続的に事業を維持しながら安定的に拡大していくためには、新規顧客獲得が重要な戦略になります。固定化した顧客しか持ちえない場合、企業は売り上げを伸ばすことができず、経営規模を拡大することができなくなってしまうでしょう。

 常に新規顧客獲得の努力を怠らないことで安定的な成長が可能になり、事業を緩やかに拡大させながら継続的に発展させていくことが可能になります。今回は、新規顧客獲得戦略の企画書を作成する際に意識しておくべきことについて解説します。

1. ターゲット

 新規顧客獲得戦略の企画書では、どのようなターゲットを新規顧客として獲得するのかを明確にしておかなければなりません。新規顧客のターゲットをどのような層に設定するかによって取るべき戦略は変わり、アプローチの方法も最適の方法を選択しなければならないでしょう。

 ターゲットは常に従来の顧客とは別の層がターゲットになるので、新規顧客のターゲットをどこに設定するのかによって今後の業務の方向性も変更を迫られる恐れがあるかもしれません。新規顧客と既存顧客の間でニーズに大きな違いがある場合、両者の希望を満たす商品を開発するのは非常に困難になります。

 既存顧客を維持したまま、新規顧客獲得を目指すのであれば、従来ターゲットとして想定されていた既存顧客に対する戦略もまた、変更を迫られることになるでしょう。

2. 革新性

 新規顧客を獲得するということは、今まで自社の商品に興味を示さなかった層に向けた商品を開発し販売するということです。今までの商品と同様の商品を開発していては、新規顧客を獲得することはできません。なぜなら、そのような商品に興味を示すのはすでに自社に対して興味を持っている既存顧客だけであり、新規顧客となりうるターゲットに対しては訴求力を持たないからです。

 新規顧客を獲得するためには、今までの商品とは全く別の魅力を持った革新的な商品である必要があります。革新性はなったく新しいターゲットに対する商品の魅力そのものであり、新規顧客獲得に大きな力を発揮します。

 新規顧客のターゲットが潜在的に抱えている欲求を正確に把握し、その欲求を満たすような革新的な商品を開発することができれば、ターゲットは積極的に新商品を購入し、新規顧客の獲得が実現するでしょう。

3. マーケティング

 新規顧客の獲得を目指すということは、従来と同じようなマーケティングを行っていても効果は期待できないということです。今までのマーケティングでは効果が及ばなかった範囲にまでマーケティングが作用すれば、より多くの人に商品をアピールすることが可能になり、新規顧客の開拓が実現します。

 マーケティングはターゲットを絞り込むほど、効果的に実行することができるのですが、新規顧客獲得のためのマーケティングでは、従来のターゲットをのみに絞り込まずにさらに範囲を広げるか、別のターゲットに向けて新たにマーケティングを行う必要があります。


 新規顧客獲得は簡単にはいかないプロジェクトですが、企業が発展しながら成長するチャンスはそこにしかありません。様々な要素を盛り込んで、新規顧客獲得に向けて効果的な企画書を作成してください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する