1. 相手目線に立つ!仕事における人間関係を解決するための方法

相手目線に立つ!仕事における人間関係を解決するための方法

by INABA Tomoaki
 仕事において最も重要となる課題が、人間関係の改善です。どのような仕事であっても、一人ですべての作業をこなすことは難しいです。個人営業の仕事でも必ず外部の人間との接触はありますし、会社勤めなら言うまでもありません。 

 仕事が人間同士のつながりで成立している以上、人間関係の改善無くして仕事効率のアップはあり得ません。どんなに仕事の進め方を改善したとしても、最終的に大きな要素になるのはやはり人間関係なのです。人間関係の問題を解決することに成功すれば、必ず仕事効率は向上します。今回は、人間関係の問題を解決して仕事効率を上げるための方法を紹介します。  

相手の気持ちに寄り添う 

 人間関係がうまくいかない一番の原因は、自己中心的な考えで行動してしまことにあります。人間は基本的に自分勝手な生き物ですが、仕事をする上ではその態度は問題があります。 

 一見周囲と強調しているように見えても、自分の感情や都合ばかりを優先して相手に無理難題を押し付けている人というのは珍しくありません。そのような行動をとっていると周囲からの信頼を失ってしまい、人間関係に問題が生じてしまいます。

 人間関係を改善するための第一歩が、相手の気持ちに寄り添うことです。一見理解しがたい行動であっても、相手の気持ちに寄り添ってみることで相手の立場を尊重できるようになり、真摯に向き合うことが可能になります。 

 自分の気持ちに寄り添って尊重してくれると感じたら、相手は自分の仕事に対して協力姿勢を取ってくれるようになります。すると、仕事に対して優先的に協力してくれたり積極的な態度で参加してくれることになるので仕事効率の向上が実現します。

相手の気持ちを尊重する 

 仕事上相手に何かを依頼する時は、相手の気持ちを尊重してお願いすることで仕事効率は向上します。相手の気持ちを尊重といっても、わがままを聞き入れたり勝手なふるまいを許すということではありません。相手の気持ちを尊重した仕事とは、相手の性格や性質によってアプローチを変えることです。 

 本質的な喜びというものは、人によってそれぞれ違います。誰かに喜んでもらうことが何よりの生きがいという人もいれば、勝負に勝ったり社会的に評価されることを望む人もいます。その人がどのようなことに喜びを感じるのかを理解し、それに沿う形でアプローチすることが相手の気持ちを尊重するということです。 

 何か仕事を依頼する場合、頼られるのがうれしい人には「あなただけが頼りです」という頼み方が有効ですが、頼られるのが嫌いな人にとってはその頼み方は逆効果になってしまいます。「他の人はみんな快く協力してくれました」という言い方に反応する人もいれば「この仕事をすれば皆から尊敬される」という言い方をされると弱い人もいます。

 仕事の依頼ひとつとってもアプローチの方法は様々です。相手の気持ちや性格を尊重してアプローチすることが、人間関係の問題を解決することになります。

 人間関係は一番厄介な問題ですが、解決できればこれほど頼もしいものはありません。周囲への気配りを忘れず、人間関係改善の努力を怠らないことが重要です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する